« 複雑な構成ながらもポップな内容 | トップページ | ライブバンドの本領発揮 »

2015年11月15日 (日)

下ネタ含めエンタテイメント性あふれる作品

Title:祭事
Musician:餓鬼レンジャー

昨年、約8年半ぶりとなるニューアルバムをリリースした餓鬼レンジャー。そこからわずか1年3ヶ月。早くも新作がリリースとなりました。今回のアルバム、まずは聴いていて非常に楽しくなってくる、エンターテイメント性満載のアルバムでした。

イントロ挟んでの1曲目「仏恥義理」はハードコアなサウンドで硬派な部分をガツンと聴かせたかと思えば、続くケンドーコバヤシをゲストに迎えた「神の穴」は真面目そうな歌詞と思いきや、バリバリの下ネタ。続く曲もm.c.A.T.をゲストに迎え、彼のヒット曲「Bomb A Head!」をそのまま取り入れたEDMナンバー「On The Bed」も実にユニーク。こちらもタイトル通り、バリバリ下ネタを加えたナンバーになっています。

その後も硬軟取り混ぜたHIP HOPが実にユニーク。下ネタ満載のユニークなナンバーも楽しいのですが、例えばANARCHYをゲストに迎えた「MAD BOMBER」はロッキンなサウンドがカッコいいですし、leccaをゲストに迎えた「Go!Sign」もエレクトロなトラックにのせられたレゲエのリズムがとても楽しいナンバーになっています。

未来からの手紙というモチーフの歌詞がユニークな「2045」もおもしろいですし、LIBROをゲストにピアノの音色が美しい「Raindrops」もしっかり聴かせます。さらにトライバルなリズムが耳に残る「ADDICTION」は「中毒」をテーマとした歌詞がおもしろく、聴いているこちらがこの曲の「中毒」になってしまいそうです。

そんな訳で、豪華なゲストも数々そろえ、真面目な曲に関してはしっかり聴かせ、コミカルな曲に関しては楽しませる作品に仕上がっていました。特に真面目な曲に関してもフックの効いたサウンドやラップを取り入れており、全編、エンタテイメント性豊かな、ラップがあまり聴かない方でも十分楽しめるアルバムだったと思います。下ネタが苦手、という方にはあまりお勧めできない部分もあるのですが(笑)、そうでなければ幅広い層にお勧めしたい1枚です。

評価:★★★★★

餓鬼レンジャー 過去の作品
KIDS RETURN

|

« 複雑な構成ながらもポップな内容 | トップページ | ライブバンドの本領発揮 »

アルバムレビュー(邦楽)2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/62439513

この記事へのトラックバック一覧です: 下ネタ含めエンタテイメント性あふれる作品:

« 複雑な構成ながらもポップな内容 | トップページ | ライブバンドの本領発揮 »