« バンドとソロと | トップページ | ライブ盤がまさかの1位2位 »

2015年9月16日 (水)

5位まで男性アイドル勢がズラリ

今週のシングルチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

今週は男性アイドルグループ勢が上位にズラリと並びました。

そんな中、1位を獲得したのはSMAP「Otherside」。ロックテイストの強い作品だと思ったら、作曲はMIYAVIが手掛けているそうです。初動売上15万枚は前作「華麗なる逆襲」の16万枚(1位)から若干のダウン。

そのSMAPに続く2位初登場は超特急feat.マーティー・フリードマン「Beautiful Chaser」。スターダストプロモーション所属の男性アイドルグループが、元メガデスのギタリストで最近はすっかりJ-POPを語りたがる外人さんになったマーティー・フリードマンをフューチャーした作品。フジテレビ系ドラマ「探偵の探偵」主題歌。マーティー・フリードマンが参加しているだけに、ちょっとベタとも思えるハードロックなギターサウンドが入ったロック色強いナンバー。初動売上4万8千枚は前作「スターダスト LOVE TRAIN」の2万4千枚(5位)から大幅増で、2位は自己最高位となります。

そして3位4位は韓流アイドルグループ。U-KISS「Stay Gold」VIXX「Can't Say」が並んでランクインです。

U-KISSはいかにもアイドルソングらしいさわやかなエレクトロポップナンバー。初動売上4万4千枚は前作「Sweetie」の3万2千枚(2位)よりアップ。VIXXも似たタイプの爽やかなポップチューン。初動売上3万枚で、こちらも前作「Error」の1万9千枚(6位)よりアップしています。

さらに5位には先週1位の嵐「愛を叫べ」が4ランクダウンでこの位置にランクインしており、これで5位まですべて男性アイドルグループがズラリと並んだ結果となっています。

そんな男性アイドル勢に続いて6位ランクインは女性シンガー西野カナ「トリセツ」がランクイン。さだまさしの「関白宣言」の女版のような曲。少々露骨な結婚式の余興狙いな感じもしますが。映画「ヒロイン失格」主題歌。初動売上2万5千枚は前作「もしも運命の人がいるのなら」の1万9千枚(11位)よりアップで、2作ぶりのベスト10ヒット。

7位にはEXILE ATSUSHI+AI「Be Brave」がランクイン。ミュージシャン名通り、EXILEのATSUSHIと女性シンガーAIのコラボ。PVではAIが妊婦姿を披露しており話題となっています。 21世紀最低の視聴率が悪い言いで話題となったフジテレビ系ドラマ「HEAT」主題歌。初動売上は2万5千枚。EXILE ATSUSHIとしての前作「桜の季節」の1万7千枚(3位)からはアップ。AIとしても前作「VOICE」の6千枚(13位)よりアップして、2010年の「FAKE」以来、6作ぶりとなるベスト10ヒット。ドラマは散々な結果でしたが、シングルのタイアップ効果はそこそこ発揮された模様。

8位は今週唯一の女性アイドルグループ、福岡のローカルアイドルLinQ「LinQuest~やがて伝説へ…」。前山田健一プロデュースなのですが、それらしい仰々しいナンバー。初動売上1万5千枚は前作「ハレハレ☆パレード」の2万8千枚(8位)から大幅減。

9位には女性4人組バンドSCANDAL「Sisters」が入ってきました。前作はロック色が強かったのですが、本作はポップ色強く、良くも悪くもJ-POPらしいナンバー。初動売上1万4千枚は前作「Stamp!」の2万枚(5位)からダウン。

そして最後10位にはヴィジュアル系ロックバンドDOG inTheパラレルワールドオーケストラ「メテオライト」がランクイン。カラフルでポップス色の強いバンドですが、今回も軽快なポップチューンとなっています。初動売上1万3千枚は前作「TOKYOエレクトリックパレード」の1万5千枚(8位)から若干の減少。

今週のシングルチャートは以上。アルバムチャートはまた明日に!

|

« バンドとソロと | トップページ | ライブ盤がまさかの1位2位 »

ヒットチャート2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/61626705

この記事へのトラックバック一覧です: 5位まで男性アイドル勢がズラリ:

« バンドとソロと | トップページ | ライブ盤がまさかの1位2位 »