« 脂ののった絶品の楽曲たち(ただし、DVDは・・・) | トップページ | AKB48と柳の下のどじょうたち? »

2015年9月 1日 (火)

間違いなくcorneliusの新作です!

Title:攻殻機動隊 新劇場版 O.S.T.music by Cornelius
Musician:cornelius

一般的にサウンドトラック、特にバックグラウンドミュージックが収録されているタイプのサントラ盤というとどうしてもひとつの音楽作品としては、その主体となった映画やテレビなどを見ていないと聴いていて厳しいものがあります。あくまでも映画なりテレビなどの場面に沿ったBGM的な作品であるため、映像なしにそれだけで聴いてもどうしても音楽作品として断片的になってしまい、映画やテレビを見ていない人にとっては楽しめません。もっとも、挿入歌をおさめた形でのサントラ盤は、もちろん映画やテレビ抜きで楽しめる名作も数多いのですが。

本作は、corneliusが音楽を担当した、6月に公開された映画「攻殻機動隊 新劇場版」と、今年4月からスタートしているテレビアニメ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」のサウンドトラック。テレビシリーズの主題歌「あなたを保つもの」や映画主題歌「まだうごく」も収録されていますが、基本的に映画やテレビのバックグラウンドミュージックを収録した形のサントラ盤となっています。

そのため、映像がないと、どうしても聴いていていまひとつ厳しい部分がある、というのが一般的。私も「攻殻機動隊」はテレビも映画も見ていないので、あまり期待していない部分が多かったのですが・・・ところがこれが予想外の傑作に仕上がっていました。

確かにバックグラウンドミュージックを収録した部分は、1曲あたり1分、長くて2分程度の楽曲になっています。ただ、このタイプのサントラにありがちな、曲の断片のみがおさめられているので曲として成り立っていない、という楽曲がなく、わずか1分程度の曲も含めて、どの曲もしっかりcorneliusの曲として成立しているものばかりでした。

方向性としては音を絞ったシンプルな作風。空間を聴かせるようなアンビエント風の作品が多く、ここ最近のcorneliusの楽曲の方向と一致しているような作品が並んでいます。ただ一方で前半に関しては「Moments in Love(Piano)」をはじめ、ピアノの音色を用いて美しいフレーズを聴かせつつ、「In Search of Many」のようにピアノとリズムのみでシンプルに構成することにより、どこか幻想的な空気感を産みだしてくるような曲が多かったように思えます。

中盤以降で耳を惹いたのが「Involution No.9」「Highway Friendly Type2」のような四つ打ちのエレクトロダンスチューン。少々ベタさもあるのですが、昨今流行のEDMとも異なる凝った音の使い方がおもしろく、少々のベタさを入れられるのも、より「目新しさ」を求められるような自らのオリジナル盤ではなく、時には視聴者への「わかりやすさ」を求められる映画/テレビのサントラだからこそ可能な試みと言えるのではないでしょうか。

これらの曲も含め、サントラ盤だからこその、オリジナル盤とは少々異なったタイプの曲が聴けるのも魅力的。ただ一方で、そんな曲でもきちんとcorneliusとしての個性を感じられる点にうならされました。

一方、そんなバックグラウンドミュージックの中に入っている「歌モノ」の楽曲たちがまた傑作揃い。特に坂本真綾と組んだ「あなたを保つもの」と「まだうごく」が素晴らしい!corneliusの奏でる、無機質さを感じるエレクトロサウンドと坂本真綾のクリアなボーカルの組み合わせが絶妙。さらにその坂本真綾のボーカルにどこか無機質さが混じっているので、美しさを感じるつつ、単純な「美しいポップソング」とは異なるようなひっかかりを覚えるのが実にユニーク。クリアなボーカルに人間性を感じつつ、どこか非人間的な部分がある、とでも言ったらいいでしょうか。なにげに坂本真綾とcorneliusの組み合わせって相性いいんじゃないの?とも思ってしまいます。

そんなわけでサントラ盤として忌避するのが実にもったいまい、間違いなくcorneliusの新作として聴くことが出来る傑作アルバムでした。

評価:★★★★★

cornelius 過去の作品
CM3
FANTASMA
「NHKデザインあ」
CM4


ほかに聴いたアルバム

モノクロノ・エントランス/ヒトリエ

ボカロPとして人気を集めるwawoka率いるロックバンド。情報量を詰め込んだハイテンポなオルタナ系ギターロックは、ある意味、ボカロ出身の今時のミュージシャンらしい作品。ただ、全5曲入りなのですが、そのうち4曲までも似たようなパターン。かつ、1曲1曲の情報量が多いだけに、たった5曲入りなのですが、聴いていて疲れてきてしまいました。1曲のみだったらインパクトも十分あると思うのですが・・・やりたいことを詰め込むだけではなく、時には引いてみることも重要だと思うのですが・・・。

評価:★★★

ヒトリエ 過去の作品
イマジナリー・モノフィクション

|

« 脂ののった絶品の楽曲たち(ただし、DVDは・・・) | トップページ | AKB48と柳の下のどじょうたち? »

アルバムレビュー(邦楽)2015年」カテゴリの記事

コメント

当サントラからは外れてしまいましたが、
同シリーズの主題歌他2曲、
salyu×salyu『じぶんがいない』
青葉市子『外は戦場だよ』も
同様にコーネリアスと坂本慎太郎コンビで、面白い曲になってます.

投稿: 和宮 | 2015年9月 2日 (水) 02時31分

>和宮さん
情報ありがとうございます!
コーネリアスと坂本慎太郎コンビで、こちらもよさげですね!一度チェックしてみます。

投稿: ゆういち | 2015年9月25日 (金) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/61367706

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いなくcorneliusの新作です!:

« 脂ののった絶品の楽曲たち(ただし、DVDは・・・) | トップページ | AKB48と柳の下のどじょうたち? »