« アイドルにアニソンにニコ動に・・・ | トップページ | 待ちに待ったライブアルバム »

2015年7月 2日 (木)

ジャニーズvs元ジャニーズ

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週はタイトル通り、ジャニーズと元ジャニーズのアルバムが対決。Hey!Say!JUMPのニューアルバム「JUMPing CAR」と、元KAT-TUNの赤西仁のニューアルバム「Me」が同日にリリース。2枚同時にランクインしています。

もっとも結果としてはHey!Say!JUMPが初動売上17万6千枚で1位獲得。赤西仁は初動売上3万4千枚で3位に留まるという大差がつきました。ただジャニーズを脱退したアイドルは総じてフェイドアウトしていってしまう中、アルバムがちゃんとチャート3位に入ってくるのは立派なのでしょうが。

なお、Hey!Say!JUMPは前作「smart」の初動12万6千枚(1位)からアップ。赤西仁は前作「Mi Amor」の3万5千枚(3位)から微減となっています。

そんな2枚のジャニーズがらみのアルバムに挟まれる形で2位初登場だったのがGReeeeN「C、Dですと!?」。彼らの2作目となるベスト盤。前にリリースしたベスト盤のタイトルが「いままでのA面、B面ですと!?」でしたので、それに連なるタイトルなんでしょう。ただ、相変わらず寒い・・・というか、これで「おもしろい」と思っているところが非常に寒い・・・。初動売上は3万8千枚。ベスト盤としての前作「いままでのA面、B面ですと!?」の初動25万2千枚(1位)からは大きくダウン。直近作「今から親指が消える手品しまーす。」の初動3万3千枚(2位)からは若干のアップとなりました。

続いて4位以下初登場ですが、4位に藍井エイル「D'AZUR」が入ってきています。藍井エイルはアニメソングを中心に歌う女性シンガーでこれが3作目となるアルバム。初動売上2万6千枚は前作「AUBE」の1万4千枚(6位)から大幅アップしています。

8位にはCarly Rae Jepsen「Emotion」がランクインです。カナダ出身の女性シンガーソングライターの3作目。前作「Kiss」は本国カナダやアメリカ、イギリスでもヒットを記録しましたが、日本でも高い人気を誇っています。ただ本作の初動1万2千枚は、その前作「Kiss」の2万9千枚(4位)から半減以下という結果に。次回作あたりが正念場でしょうか?

9位初登場は華原朋美「ALL TIME SINGLES BEST」。タイトルの通り、デビュー作「keep yourself alive」から、16年半ぶりに小室哲哉が楽曲提供したことで話題となった最新シングル「はじまりのうたが聴こえる」まで全シングルを収録したベスト盤。とはいえ彼女ももう、これで6枚目のベスト盤になるんだよなぁ・・・。初動売上は8千枚。直近作はカバーアルバム「MEMORIES 2-Kahara All Time Covers-」で、こちらの初動売上6千枚(9位)よりはアップ。ただしベスト盤としての前作「DREAM-Self Cover Best-」の1万1千枚(15位)よりはダウンしています。

最後、10位には「松本隆 作詞活動四十五周年トリビュート 『風街であひませう』」が入ってきています。伝説のロックバンド、はっぴいえんどのドラマーとして活躍し、その後は作詞家として数多くのヒット曲を手掛けた松本隆。その作詞活動45周年を記念してリリースされたトリビュートアルバム。スピッツの草野マサムネ、クラムボン、斉藤和義といった面子が、斉藤由貴の「卒業」や松田聖子の「SWEET MEMORIES」など、彼が手掛けた数多くのヒット曲をカバーしています。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評はまた来週の水曜日に!

|

« アイドルにアニソンにニコ動に・・・ | トップページ | 待ちに待ったライブアルバム »

ヒットチャート2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャニーズvs元ジャニーズ:

« アイドルにアニソンにニコ動に・・・ | トップページ | 待ちに待ったライブアルバム »