« 男性陣が上位に並ぶ | トップページ | 復帰後2作目 »

2015年5月29日 (金)

裏ベスト

Title:残念な夫。サウンドトラック
Musician:UNICORN

今回紹介するアルバムは、今年の1月から3月までフジテレビで放送していたドラマ「残念な夫。」のサウンドトラック。このドラマ、視聴率的には芳しくなかったようで、残念な結果になってしまったようですが、UNICORNの「はいYES!」が主題歌となったほか、彼らの様々な楽曲がドラマの要所要所にそのままつかわれており、UNICORNのファンにとっては話題になったそうです。

このサントラも、ドラマのBGMを収録したアルバムではなく(そういうアルバムも別に発売されているみたいです)ドラマ中につかわれたUNICORNの楽曲をそのまま収録したアルバム。私はこのドラマを見ていないのですが、ドラマを見ていない人にとってもUNICORNの企画盤的な感じで聴くことのできるアルバムでした。

「残念な夫。」というドラマは子供が産まれた後の夫婦の問題をテーマとして描いたドラマ。テレビドラマとしてはちょっとユニークなテーマ選びとなっています。UNICORNの楽曲についても、あまりポピュラーミュージックでは取り上げないような大人の人間関係をテーマとしたような曲が多く、ドラマを見ていないのでなんともいえない部分も大きいのですが、「残念な夫。」の挿入歌にUNICORNの曲というのはピッタリマッチしていたんだろうなぁ、と想像できます。

そしてなかなかユニークなのがこのサントラの選曲。彼らの代表曲である「大迷惑」や「すばらしい日々」のような曲は収録されていません。「人生は上々だ」「服部」などのおなじみの曲も収録されているのですが、DVを彷彿とさせる歌詞の「幸福」や、金持ちのボンボンをテーマとした「パパは金持ち」など、ちょっと毒をはらんだユーモラスなテーマ性のある曲が多く選ばれています。そういう意味では「裏ベスト」ともいうべき内容。UNICORNに関しては、ベスト盤が嫌というほどリリースされていますが、そんな中ではユニークな構成と言えるでしょう。

また今回のアルバムは直近の作品から昔の作品にむかって時系列を逆にして収録されています。そんな中、活動再開後の楽曲がほぼ半数を占めています。ベスト盤の多くは活動再開前の曲を収録されているだけに、そういう点でもユニークと言えるでしょう。

今回のサントラの目玉であり、また賛否がわかれているのが、「はいYES!」が収録されている点。ドラマ主題歌なので、収録されているのは当たり前と言えるかもしれませんが、この音源、最新アルバム「イーガジャケジョロ」のセブン&アイ限定盤のみに収録されていたレア音源。いつかはなんらかの形で手に入りやすいCDに収録されるんだろうなぁ・・・とは思っていたんですが、まさかこんな早くとは(^^;;ちょっと早すぎ、という不満があがるのはわかるそうな気はします・・・。

とはいえ、収録曲は魅力的な名曲ばかりですし、代表曲の多いベスト盤以上に「毒」の要素の強いUNICORNの魅力がよくとらえられている企画盤だと思います。「ドラマを聴いてUNICORNが気になった人の最初の1枚」ならベスト盤の方がお勧めできそうなのですが・・・ベスト盤の次の1枚としては最適なアルバムかもしれません。

評価:★★★★★

ユニコーン 過去の作品
シャンブル
I LOVE UNICORN~FAN BEST
URMX
Z
ZII
Quarter Century Single Best
Quarter Century Live Best

イーガジャケジョロ


ほかに聴いたアルバム

レインボーロード/絢香

オリジナルアルバムとしては3年2ヶ月ぶり。久々となる絢香のニューアルバム。バラエティー富んだポップス路線にキャッチーなメロは良くも悪くもJ-POPの王道的。今回のアルバムでは比較的バラードナンバーが多かったような印象が。ただ、楽曲はどれも安定していて、聴いていて安心できるポップスソングが並んでいます。売上的には一時期に比べると、といった感のある彼女ですが、ミュージシャンとしてはちゃんと実力をつけてきた印象を受けました。

評価:★★★★

絢香 過去の作品
Sing to the Sky
ayaka's History 2006-2009
The Beginning

|

« 男性陣が上位に並ぶ | トップページ | 復帰後2作目 »

アルバムレビュー(邦楽)2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/60073610

この記事へのトラックバック一覧です: 裏ベスト:

« 男性陣が上位に並ぶ | トップページ | 復帰後2作目 »