« 25年目の余裕 | トップページ | 紅白の影響はまだ »

2015年1月 4日 (日)

ポップな作風に

Title:フェイクワールドワンダーランド
Musician:きのこ帝国

今、期待の新人バンドの一組、きのこ帝国の約1年8か月ぶりとなるニューアルバム。彼らの音楽の特徴は、シューゲイザーからの影響をモロに受けたその曲調。甘美なホワイトノイズが楽曲全体に埋めつくされている曲調は、シューゲイザー好きの私にとっては、壺にはまりまくりな楽曲となっていました。

そんな彼女たちのニューアルバムは、ビックリするほどポップな作品にまとまっていました。佐藤の耳触りのよいボーカルに、端整なメロディーが特徴的。本人たちも明確に「より多くのリスナーに届ける」ことを意識したそうですが、確かにいままでの作品と比べて断然に聴きやすいアルバムになっています。

その試みはある程度は成功しているように感じます。例えば「東京」にしろ「ヴァージン・スーサイド」にしろ、ノイジーなサウンドにポップなメロがほどよく乗っている構成になっていますし、「You outside my window」などは爽やかなギターポップからスタートしつつ、後半はホワイトノイズが展開する構成は、ポップな路線といままでのきのこ帝国の路線をほどよくマッチさせているように感じました。

純粋にギターロックのアルバムとしては実によく出来ているように感じます。ただ・・・・・・一言でいうと「これじゃない」感が否めないんですよね。きのこ帝国に求める音楽とは、ちょっと違ってしまったような感じが否めません。確かにノイジーなギターサウンドは展開しています。「ラストディ」なんかも、メロディーにしても歌詞にしてもとてもシンプルなラブソングになっていて、これはこれで名曲だと思うのですが、きのこ帝国の曲としては普通のギターロックになりすぎている印象はしてしまいます。

確かにより広いリスナー層を意識したバンドの方向性はわかるのですが、その結果がギターサウンドをちょっと後ろに下げた端整なポップソングとしたら、ちょっと安直じゃないかなぁ、という印象も受けます。もっとギターノイズを前面に押し出しつつも、それでいてポップにまとめあげる手法もあったのでは?まあ外部の素人の勝手な意見であることは重々承知なのですが・・・。ただ、1曲1曲の出来は決して悪くないだけに、確かにきのこ帝国の最初のアルバムとしては最適であるのは間違いないのですが。

評価:★★★★

きのこ帝国 過去の作品
渦になる
eureka
ロンググッドバイ

|

« 25年目の余裕 | トップページ | 紅白の影響はまだ »

アルバムレビュー(邦楽)2015年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/58426087

この記事へのトラックバック一覧です: ポップな作風に:

« 25年目の余裕 | トップページ | 紅白の影響はまだ »