« あいかわらずの彼ら | トップページ | ミスチルの連続1位記録が・・・ »

2014年11月25日 (火)

話題の新人バンド2組

今回取り上げるのは、最近、よく話題となる期待の新人バンド2組です。どちらも今回、はじめてアルバムを聴いてみたミュージシャンです。

Title:ARIKANASHIKA
Musician:SAKANAMON

Fishmans、サカナクション、アナログフィッシュに続くお魚バンド(???)、SAKANAMONの6曲入りのミニアルバム。これがメジャーデビュー作となるそうです。2月にリリースしたアルバム「INSUROCK」がチャートで17位に入ってくるなど、着実に人気を確保しています。

ただ、楽曲的には最近比較的よくいるタイプのギターロックバンド。四つ打ちサウンドやらパンクやらの要素を上手く取り入れつつ、メロディーはちょっと和風な雰囲気を醸し出すメロディアスなもの。それなりにインパクトがありこなれた印象を受けるメロディーを書いていますが、正直なところ真新しさみたいなものはありません。

ユニークなのは歌詞の方で、母親が選ぶ微妙なチョイスを歌にした「マザーラインナップ」や、ゴキブリをテーマとした「害虫」など、あるある的なネタを入れつつもユーモラスな歌詞が耳をひきます。ただ、この点も歌詞は非常にユーモラスなものの、耳に残るワンフレーズみたいなものがなく、楽曲を聴いていると場合によってはサラッと流されそうな気配もあります。もうちょっとリスナーの耳をつかむようなワンフレーズがほしいところのようにも思います。

総じていうと、メロにしろ歌詞にしろセンスや実力は感じられるものの、もうひとひねり、一工夫がほしいな、と感じるようなアルバム。逆にそれだけ伸びしろがあるだけに、これからが楽しみといった感じでしょうか。これからの活躍に注目したいところでしょう。

評価:★★★★

Title:inトーキョーシティ
Musician:グッドモーニングアメリカ

こちらはグドモの愛称で知られる4人組ロックバンド。このアルバムにも収録されている「拝啓、ツラツストラ」がアニメ「ドラゴンボール改」のエンディングというタイアップ効果もありシングルチャートでベスト10入り。続くこのアルバムもベスト10入りを果たしました。

楽曲は、全般はパンキッシュなサウンドも目立つロック色が強いアレンジ。逆に後半はシンセが目立つロック色の薄い楽曲になっています。ただ、アルバム全体に貫かれているのは、とことん爽やかで明るいポップなメロディー。この元気の出るポップソングという路線が、彼らの大きな特徴となっています。

そんなメロディーはいかにもJ-POPといった感じで、耳に残るインパクトがある一方、キャッチーでルーツレスなメロは、いい意味でも悪い意味でも「売れ線」といった印象があります。シンセを多用したアレンジを含めて、基本的にはストイックな本格派ギターロックバンド、というよりはポップスロックのバンドといった印象。その分、裾野広く、ファン層が広がりそうな予感もありますが。

彼らもまだまだ伸びしろがあって、十分成長しそうな予感もします。個人的には「バンドサウンド」よりも「メロディー」を売りに出来そうなバンドなだけに、その部分でもっともっとはじけてほしいな、と思うのですが。こちらもこれからの活躍に注目でしょう。

評価:★★★★

|

« あいかわらずの彼ら | トップページ | ミスチルの連続1位記録が・・・ »

アルバムレビュー(邦楽)2014年」カテゴリの記事

コメント

ゆういち様 こんばんは

順番としてはアナログフィッシュの方がサカナクションより先ですが・・・・・・

それはともかくサカナモンはさすがにかぶり過ぎだろう、と思いました。

この機会に聴いてみましたがおっしゃる通りの音楽ですね。手堅い感じ。

グッドモーニングアメリカは「拝啓、ツラツストラ」という曲を聴きましたが、ノリがいいロックですね。ああああ、というハミングばかりが耳に残り、ツァラストゥラへのメッセージはさっぱり伝わりませんでした。がハミングはいいですね。

投稿: GAOHEWGII | 2014年11月26日 (水) 23時58分

ゆういちさん、こんばんは。

僕、実はグドモはインディーズの頃から聴いていたんですが、ベストテン入り出来るほどの人気が出るとは正直思ってませんでした…なので、今のこの状態は物凄くうれしい誤算です。

あと、SAKANAMONの名前の由来は、生き物の方の魚ではなくて、おつまみの方の肴って意味だそうですよ。
(聴く人の人生の肴になってくれれば。とのことです)

投稿: 通りすがりの読者 | 2014年11月27日 (木) 01時17分

>GAOHEWGIIさん
>順番としてはアナログフィッシュの方がサカナクションより先ですが・・・・・・
あ、確かにそうですね。失礼しました(^^;;
>ああああ、というハミングばかりが耳に残り、ツァラストゥラへのメッセージはさっぱり伝わりませんでした。
確かにそうかもしれません(笑)。ノリがいい感じで、ちょっとメロは平凡かな、と思う反面、確かに売れそうだなぁ、といった感じはします。これからの成長に期待したいところです。

>通りすがりの読者さん
昔からのファンにとってはブレイクはうれしいですよね!まだまだこれから成長の予感もするバンドで、そうなればさらなるブレイクも期待できるかもしれませんね。
SAKANAMONの由来は「肴」の方でしたか。なるほど、人生の肴というのはうまいことをいいますね(笑)。こちらもこれからに期待したいところです。

投稿: ゆういち | 2014年11月28日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/57990466

この記事へのトラックバック一覧です: 話題の新人バンド2組:

« あいかわらずの彼ら | トップページ | ミスチルの連続1位記録が・・・ »