« 志磨遼平よ、どこへ行く | トップページ | ベスト10総入れ替え »

2014年11月18日 (火)

さらなる高みへと

Title:ペーパークラフト
Musician:OGRE YOU ASSHOLE

OGRE YOU ASSHOLEのニューアルバムは、各種メディアでも大絶賛のようで、ミュージックマガジンをはじめ、ROCKIN' ON JAPANでもかなりの高評価で取り上げられたりしていました。ただ個人的にOGRE YOU ASSHOLEのアルバムはいままでも傑作続きだったと思っているだけに、このアルバムをめぐるメディアの評価には一言言いたいです。「遅いよ」、と。

ただ、今回のアルバムに関しては、これだけ各種メディアで大絶賛という理由は痛いほどよくわかります。今回のアルバムも間違いなく傑作アルバムです。それも個人的には、年間ベストクラスの傑作だった「homely」「100年後」から、さらに一段階、高みへと上がっていった、今年を代表する傑作アルバムに仕上がっていると思います。

本作もまた、「homely」「100年後」と同様、最小限まで音数を絞ったシンプルだけど、その音の間に無限の空間を感じられるようなサウンドが強く印象に残ります。今回のアルバムには、そんな彼らのサウンドのスタンスを表すかのような「ムダがないって素晴らしい」なんて曲もあったりするのがユニークなところ。ただこの曲の歌詞自体は、ムダがない、という点を皮肉的に捉えているようにも受け止められるのですが。

そして、ムダをなくしたシンプルなサウンドながらもどこか浮遊感を覚えるリズムも非常に耳に残ります。この傾向は、特に1曲目「他人の夢」で顕著に感じられました。このシンプルなサウンドでかつ浮遊感という方向性は、どこかゆらゆら帝国→坂本慎太郎ソロの流れも感じつつ、またかのFishmansからの流れも感じます。ただ、そんな先人たちとはまた異なるOGRE YOU ASSHOLEのサウンドをこのアルバムではつくりあげていました。

そんな独特のサウンドを奏でつつ、一方でサウンドの中に、絶妙にブラックミュージック的な要素を感じられるのもまたユニーク。ギターサウンドがどこかファンキーな「見えないルール」、トライバルなリズムが特徴的な「ムダがないって素晴らしい」、そしてソウルの要素を取り入れた「誰もいない」など、サウンドの中に微妙にまじっているこの「黒さ」もまた、OGRE YOU ASSHOLEのサウンドを構成する大きな魅力に感じます。

さらにはそれに重なるメロディーも、決してキャッチーではないものの、どこか人なつっこさを感じさせ印象に残るという点ではいままでのOGREらしい感じ。どこか虚無的な醒めた雰囲気を漂わせながらも、現代社会を皮肉った歌詞も印象的。タイトルチューンである「ペーパークラフト」でも

「きれいな街並みも
横に回ればただの線
きれいな花も
横に回ればただの線
あの山も
横に回ればただの線」

(「ペーパークラフト」より 作詞 出戸学)

と、確かに「ペーパークラフト」の話をしながらも、どこか薄っぺらさを感じる現代社会を皮肉ったように聴こえる歌詞が強い印象に残ります。

あきらかに彼らがあらたな境地に達した傑作アルバム。間違いなく今年のベストアルバム候補ですし、もしかしたら数年単位でもベストアルバムに入るかもしれない大傑作。いままでも傑作をリリースし続けた彼らですが、いまだに成長を続けている姿は驚異ですらあります。全音楽ファンが聴くべき今年を代表する名盤です。

評価:★★★★★

OGRE YOU ASSHOLE 過去の作品
しらないあいずしらせる子
フォグランプ
浮かれている人
homely
100年後
confidential

|

« 志磨遼平よ、どこへ行く | トップページ | ベスト10総入れ替え »

アルバムレビュー(邦楽)2014年」カテゴリの記事

コメント

ゆういちさん、こんばんは。

オウガの新作は個人的にかなりお気に入りなので、ゆういちさんがどんなレビューを書かれるのか楽しみにしてたんですが、いやはや大絶賛じゃないですか!確かに僕も全音楽ファン、いや全人類が聴くべき作品だと思います。(って言い過ぎ?)

あと最初は、彼らがメジャーからインディーズに移ったのが少し残念に思ったんですが、チャートも過去最高の順位を記録したのが、メチャクチャうれしかったです。彼らのようなバンドがもっと売れてくれるといいなって思います。

長文失礼しました。

投稿: 通りすがりの読者 | 2014年11月19日 (水) 00時55分

>通りすがりの読者さん
そうなんですよ!本当に傑作アルバムで、全人類が聴くべき作品、私も同感です(笑)。
彼らみたいなミュージシャンはもっともっと売れてほしいですよね。この作品、順位的には最高位を記録したんですか。うれしい話です。これからもがんばってほしいです!

投稿: ゆういち | 2014年11月28日 (金) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/57890582

この記事へのトラックバック一覧です: さらなる高みへと:

« 志磨遼平よ、どこへ行く | トップページ | ベスト10総入れ替え »