« 最後までNIRGILISらしく? | トップページ | もう一癖ほしいような »

2014年9月15日 (月)

25年目の区切りと挑戦

Title:ATTACK25
Musician:Dreams Come True

タイトル通り、デビュー25周年を迎えるドリカムのニューアルバム。タイトルはどこかで聞いたことあるようなタイトルなのですが・・・そりゃあ「25」といったら「アタック」だよね(笑)。

そんなユーモアさを含んだ今回のアルバムなのですが、デビュー25周年ということでいままでの活動を振り返ったような楽曲が目立つ内容になっています。「あなたにサラダ以外も」はタイトルからして「あなたにサラダ」の続編ですし、「MONKEY GIRL -懺鉄拳-(懺鉄拳の懺は懺悔の懺)」はいままでの彼女たちの作品にたびたび登場している「モンキーガール」シリーズの続編。「愛がたどりつく場所」は中村正人曰く「新しい『うれしい!楽しい!大好き!』」ということですし、「愛して笑ってうれしくて涙して」というタイトルも「うれしい!楽しい!大好き!」がさらに一歩感情として成長したようなタイトルに感じます。

特に感慨深いのが「あなたにサラダ以外も」の歌詞で、

「横入りするおばちゃまにも負けず
切って盛っていたら いつのまにか
わたしもそんな年になりました」

(「あなたにサラダ以外も」より 作詞 吉田美和)

なんて歌詞は「MILLION KISSIES」をリアルタイムで聴いていた世代としては、自分も歳をとったなぁ、と感じ入るものがあります。この曲以外に関しても、男女の関係が「恋人同士」から「夫婦」にかわり、「恋」が「愛」に変わり、「大好き」が「愛してる」に変わり、年齢とともに成熟していく様子が感じられ、そういう意味ではまさに25年のキャリアが反映された内容になっているように感じました。

しかし、一方で目立ったのはあらたな挑戦という側面。例えばこの「あなたにサラダ以外も」では多重録音でのアカペラに挑戦していたり、「ONE LAST DANCE,STILL IN A TRANCE」のギターはよりファンキーさが増したサウンドを響かせてくれていたり、「I WAS BORN READY!!」では強いビートの打ち込みを大胆に導入してきたりと、25年目にしてマンネリに陥らず、あらたな一歩を進もうとする彼女たちの姿を感じます。

このアルバムの前半は、そんな挑戦的な作品が並んでいます。いまだに音楽に対する旺盛な好奇心と、そしてミュージシャンとしての勢いを感じさせる展開は、25年目というベテランらしさをいい意味で感じさせない内容。正直、やりたいことを詰め込みすぎている部分も否めず、特に「あなたにサラダ以外も」は、個人的には「あなたにサラダ」のようなシンプルなアカペラ路線の方が好みなのですが、そんなマイナス部分以上にプラスの部分を強く感じさせる内容になっていました。

そしてうってかわって後半はドリカムの王道路線ともいえる内容。ここ最近リリースされたシングル曲がズラリと並び、ベスト盤的な様相もみせる構成になっています。スケール感たっぷりで盛り上がる「さぁ鐘を鳴らせ」や、CMで聴き馴染みあるフレーズをうまく取り込んだ哀愁路線の「MADE OF GOLD -featuring DABADA-」などなど、様々な方向性のドリカムらしさを感じさせる曲が並んでいます。ファンが期待するような作品も、いまなお決して衰えることない魅力たっぷりの楽曲を作ることが出来る、そういう彼女たちの自信を感じることができる内容になっています。

ドリカムというミュージシャンの実力と奥深さをあらためて実感できた傑作。25年、トップを走りつづけるその実力は伊達ではありません。そんなことを嫌というほど実感できた作品でした。

評価:★★★★★

Dreams Come True 過去の作品
AND I LOVE YOU
DO YOU DREAMS COME TRUE?
LOVE CENTRAL
THE SOUL FOR THE PEOPLE~東日本大震災支援ベストアルバム~


ほかに聴いたアルバム

one/FIRE BALL

完全にポップ路線に移行したFIRE BALLの新作。夏の海辺で爽やかに流れてきそうなラテンなパーティーチューンの連続。メロディアスな楽曲はそれなりに楽しめるし、エレクトロ路線からアコギ1本での曲までバラエティーはあるのですが、もうひとつガツンと来るパンチがないような印象が否めません。ポップ路線になってからずっと感じているのですが・・・。

評価:★★★

FIRE BALL 過去の作品
DON'T LOOK BACK
ZERO
NEW ERA~Call This Love~

|

« 最後までNIRGILISらしく? | トップページ | もう一癖ほしいような »

アルバムレビュー(邦楽)2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/57325668

この記事へのトラックバック一覧です: 25年目の区切りと挑戦:

« 最後までNIRGILISらしく? | トップページ | もう一癖ほしいような »