« ベテラン男性シンガーが並ぶ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (8/2) »

2014年8月 1日 (金)

2014年上半期 洋楽ベスト3

既に今年も7ヶ月が経過しましたが・・・遅くなりましたが上半期アルバムベスト3です。

3位 Lazaretto/Jack White

聴いた当時の感想はこちら

もうそろそろ「元White Stripesの」という肩書は不要になってきているでしょうか。Jack Whiteのソロ2作目。最近、若手バンドではThe Strypesのようなルーツロック志向のバンドが人気を得ていますが、やはりJack Whiteを忘れるわけにはいかないでしょう。ただ、単純なガレージロックテイストの曲のみならず、美しいメロディーを聴かせるナンバーやカントリー風ナンバー、さらに日本の祭囃子を彷彿とさせるようなトライバルなナンバーまで実に多彩。その実力のほどを存分に感じられるアルバムでした。

2位 Into The Lime/The New Mendicants

聴いた当時の感想はこちら

Teenage Fanclubのノーマン・ブレイクと、Pernice Brothersのジョー・パーニスが組んだ新バンド。Teenage Fanclubのノーマン・ブレイクですが、以前、ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキと組んだバンドJonnyのアルバム「Jonny」が個人的に壺にはまり、2011年の個人の洋楽年間ベストアルバムに選んだこともありましたが、こちらのニューバンドもはまってしまいました!素朴でシンプルな美メロは派手さがなく、軽く聴き流してしまいそうですが、ちゃんと聴くと実に魅力的なメロディーラインに気が付かされます。本当に気持ちのよい傑作でした。

1位 Days Of Abandon/The Pains of Being Pure at Heart

聴いた当時の感想はこちら

前作「Belong」はマイブラ直系の王道シューゲイザーではまってしまいましたが、続く本作は、その前作に負けずとも劣らない傑作に仕上がっていました。前半はシューゲイザーというよりもネオアコテイスト。このアコースティックなサウンドもまた素晴らしい。そして後半は待ってましたとばかりのシューゲイザー路線にはまりまくり。アルバム全編とてもキュートでポップな作品に仕上がっており、なによりも「壺にはまった」という表現がピッタリくる作品でした。

さて、今年のベスト3は以上。どれも間違いなく傑作だと思うのですが・・・・・・・ただ、全体的には今年の上半期、ちょっと小粒感が否めなかったような感じもします。ColdplayやKASABIANのような大物ミュージシャンのリリースも続きましたが、正直、ベスト盤候補になるほどの傑作ではなく、不作気味に感じてしまった今年の上期ベスト3でした。

他の候補としては・・・

PURE HEROINE/LORDE
MUSIC FROM AND INSPIRED BY 12 YEARS A SLAVE
(邦題 「それでも夜は明ける」ミュージック・フロム&インスパイアド・バイ・ザ・フィルム)
A Long Way To The Beginning/SEUN KUTI&EGYPT80

あたりでしょうか。あらためてベスト3をまとめると

1位 Days Of Abandon/The Pains of Being Pure at Heart
2位 Into The Lime/The New Mendicants
3位 Lazaretto/Jack White

下期はこれ以上の傑作を期待したいところなのですが・・・。

ちなみに過去の洋楽ベストアルバムは・・・

2007年 年間
2008年 年間 上半期
2009年 年間 上半期
2010年 年間 上半期
2011年 年間 上半期
2012年 年間 上半期
2013年 年間 上半期

|

« ベテラン男性シンガーが並ぶ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (8/2) »

音楽コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/56945548

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年上半期 洋楽ベスト3:

« ベテラン男性シンガーが並ぶ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (8/2) »