« B'zメンバーのソロ2作 | トップページ | 見事1位は獲得するも・・・ »

2014年7月 2日 (水)

男性勢強し

今週のシングルチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

今週はベスト3に男性ボーカルグループが並びました。

まず1位を獲得いたのがEXILEの弟分ユニット、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「R.Y.U.S.E.I.」でした。前作に引き続きアップテンポなエレクトロチューン。特に特徴もないような感じもするのでうが・・・初動売上16万2千枚は前作「S.A.K.U.R.A.」の10万9千枚(2位)よりアップ。

そして2位初登場は、スターダストプロモーション所属のももクロの弟分のアイドルグループ、DISH//「サイショの恋~モテたくて~」。ORANGE RANGEのNAOTOプロデュースによるナンバーで、そういわれればどこかORANGE RANGEっぽさも。テレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」エンディング・テーマ。初動売上3万9千枚は前作「FREAK SHOW」の3万4千枚(5位)からアップ。

さらに3位には韓流。SHINee「LUCKY STAR」が初登場でこの位置。前作同様、エレクトロテイストの爽やかなアイドルソング。初動3万5千枚は、前作「3 2 1」の6万7千枚(3位)より大幅減。ここ数作、4万8千枚→8万8千枚→6万7千枚と推移しており、特典やイベントなどの影響でかなり売上が左右されている模様。

ちなみに今週韓流はもう1曲。韓国の人気俳優チャン・グンソクが、友人のDJ BIG BROTHERと組んだユニットTEAM H「Take me」が5位にランクイン。K-POPらしいさわやかなエレクトロポップにだみ声のラップが載っかかったナンバー。これがはじめてのシングル。なお、アルバムでは直近作「I JUST WANNA HAVE FUN」が初動2万8千枚(6位)を記録。本作は初動1万8千枚だったのでそれを下回る結果になりました。

対する女性アイドルグループは今週も少な目で唯一のベスト10入りがX21「恋する夏!」。第13回全日本国民的美少女コンテストのファイナリストが組んだアイドルグループ。既存のコンテストの参加者をアイドルグループで組ませるというのは、かなりやっつけ感あふれるグループだなぁ。シングル2枚目にして初のベスト10入り。初動7千枚は前作「明日への卒業」の6千枚(15位)から微増。

さて、今週の初登場は残り4曲。4位美風藍「うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング 美風藍(A.I)」。ゲーム「うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret」挿入歌。「うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング」では黒崎蘭丸「うたの☆プリンスさまっ♪アイドルソング 黒崎蘭丸(Not Bad)」以来で、初動2万6千枚は、その前作の2万4千枚(7位)から若干のアップ。

6位にはビジュアル系バンドNIGHTMARE「TABOO」がランクイン。映画「奴隷区 僕と23人の奴隷」主題歌。初動1万枚は前作「リライト」の1万1千枚(2位)より微減。

8位初登場は大原櫻子(from MUSH&Co.) 「頑張ったっていいんじゃない」。大原櫻子は映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロイン役に抜擢されてデビューした女優。その映画の劇中バンド、MUSH&Co.のボーカルとして歌手デビューしていますが、ソロとしてははじめてのシングルとなります。楽曲は亀田誠治が作詞作曲。90年代のガールズポップといった雰囲気ですが、かなりポップに咀嚼した椎名林檎といった感じも。初動売上7千枚は、MUSH&Co.名義でリリースした「明日も。」(15位)から横バイながら、低水準のチャートに助けられ、初のベスト10ヒットとなりました。

そして最後10位にはロックバンドストレイテナー「Super Magical Illusion」が入ってきました。ちょっとガレージっぽい雰囲気のインパクトあるナンバーで、2010年の「Man-like Creatures」以来4作ぶりのベスト10ヒット。ただ初動売上は5千枚とシングルチャートのベスト10水準としてもかなり低い水準でのランクインで、前作「From Noon Till Dawn」の8千枚(14位)よりダウンしてしまっています。

今週のシングルチャートは以上。アルバムチャートはまた明日に!

|

« B'zメンバーのソロ2作 | トップページ | 見事1位は獲得するも・・・ »

ヒットチャート2014年」カテゴリの記事

コメント

テナーの新曲を買いましたがまだまだいける!!って感じがしました
Cメロが今までになかった感じなので次も期待できます
前作のタイアップが強力だったので今回はTOP10に入っただけでも奇跡かと

気になるのはBAWDIESです
ここ最近売上が激減しています
今作は久々にBAWDIESらしくてよかったはずなのに・・・
やはりSEVEN SEA~が不評だったのでしょうか?

投稿: softman | 2014年7月 2日 (水) 23時56分

>softmanさん
すいません、お返事が遅くなりました・・・。テナーは新曲、なかなかよい感じですね。まだまだがんばってほしいバンドです!
THE BAWDIESは確かにここ最近、ちょっと調子悪いですね。若干飽きられ気味な部分もあるのかなぁ。こちらも今の日本の音楽シーンの中で貴重なバンドなだけにがんばってほしいのですが・・・。

投稿: ゆういち | 2014年7月30日 (水) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男性勢強し:

« B'zメンバーのソロ2作 | トップページ | 見事1位は獲得するも・・・ »