« 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (3/16) | トップページ | 宇宙まおインストアミニレポ »

2014年3月16日 (日)

あいかわらず

Title:くだまき男の飽き足らん生活
Musician:ガガガSP

ガガガSPのニューアルバム。正直、久しぶりに聴いた作品なんですが、変わっていないなぁ、と安心しました(笑)。以前と同じく、もてるわけではないどこにでもいる普通の若者の、恋愛や社会に対する鬱屈した気持ちを、そのまんまストレートに載せた歌詞。そして、ある種ひねりのないストレートなパンクロック。デビュー以来変わらないガガガSPの姿がこのアルバムにもありました。

でも、それって必ずしも褒め言葉ではないんですけどね(笑)。良くも悪くもマンネリ。「時代はまわる」ように、最初トークからはじまり楽曲に入るというスタイルも、「ああ、またか」と正直思ってしまいました。

とはいえ、このアルバム、決してつまらないアルバムといった印象はありません。30分強というアルバムの短さもあるものの、全くダレることなく最後まで楽しめることができました。やはり大きな理由としてはフォークソングの影響を受けたメロディアスなメロディーライン。決して勢いだけではないインパクトのあるメロディーラインが楽曲の主軸にきちんと備わっているため、基本的に少々マンネリになっても聴いていてダレることはありません。

また歌詞にしても、確かに方向性としては以前と同じなのですが、それなりに手を変え品を変え、いろいろなネタがあるな、と感心します。今回のアルバムにしても「書き込み男と自画撮り女」のような痛烈なネット批判や、リア充を皮肉った「はきだめぶぎ」など、今時のネタをフォローしつつ、いままでの彼ら通りのストレートな物言いで楽しませてくれます。

特に久しぶりに彼らのアルバムを聴いてちょっとビックリしたのが、作詞作曲をコザック前田ではなく、ギターの山本聡やベースの桑原康伸が多く手掛けていた点でした。おもしろいのはそれらの楽曲もまた、コザック前田のスタンスをそのまま引き継いで、ちゃんとガガガSPらしい曲に仕上がっていること。むしろ山本聡の作品については、例えば「カゲロウ橋」のように叙情感ある歌詞など、むしろコザック前田よりも上では??なんてことも思ってしまいます。

楽曲にしても本作では「どんでん返し」でちょっとレゲエの要素が入っていたりして、ちょっと変化も感じます。もっとも、基本的にはいつも通りのガガガSPなのですが。

そんな訳で基本的にいつものガガガSPだったのですが、その一方、ひょっとしたらちょっと違う方向にも歩みだした?なんて期待もできるアルバム。ただ基本的には一本調子な部分は否定できないので、もろ手あげて傑作といった感じではないのですが。

評価:★★★★

で、最近、レンタル限定でベスト盤がリリースされたみたいなので、こちらもレンタルで聴いてみました。

Title:自信満々良曲集
Musician:ガガガSP

Gagagabest_2

ガガガSPって、一般的にそんなに高い評価を得ているミュージシャンではありません。確かに曲は一本調子であることは否めませんし、歌詞にしても比較的ストレートな内容で決して凝ったものではありません。

でも、そんな中ガガガSPに感じる魅力はやはりストレートなその歌詞にあります。基本的にもてなくて、いつまでもうじうじと昔好きだった人に未練がある、そんな情けない男の心情を飾ることなくストレートに歌い上げるその歌詞には、正直、共感してしまうんですよね・・・。

このベスト盤に収録されている「国道二号線」「続・京子ちゃん」あたりはまさにそんなガガガSPの本筋ともいえる歌詞。ある意味、文字通りの片思いで、基本的に自分の心境ばかり歌っていて、そこに相手はいません。ま、要するに恋に恋しているわけですが、でも、そんな今から考えれると青臭いそんな心境は、学生時代、あまりもてなかった男子諸君ならば(笑)誰にでも思い当たる部分があるんじゃないでしょうか。そんな思いをそのまま変に装飾することなく歌い上げる彼らの歌には、どこか心響くものがあります。

良くも悪くもストレートな曲ばかりなのでうけつけない方にはうけつけないかも。それでもやはり彼らの歌うストレートな楽曲は好きなんだよなぁ。タイトルも「自信満々」としながらも「傑作」ではなく「良曲」と一歩ひいちゃうのが彼ららしい感じがします(笑)。レンタルなので、お気軽に聴いてみてください。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

ACTION!!!/POLYSICS

前作「MEGA OVER DRIVE」からわずか3か月のスパンでリリースされたPOLYSICSのニューアルバム。全体的に軽快なテクノポップといった感じの曲が多く、「発見動物探検隊」のようなタイトルそのままユーモラスを感じさせる曲も。POLYSICSのポップな側面が強く出たアルバムで聴きやすかった反面、パンキッシュさという面からはちょっと物足りなさも。

評価:★★★★

POLYSICS 過去の作品
We ate the machine
We ate the show!!
Absolute POLYSICS
BESTOISU!!!
eee-P!!!
Oh!No!It's Heavy Polysick!!!
15th P
Weeeeeeeeee!!!
MEGA OVER DRIVE

|

« 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (3/16) | トップページ | 宇宙まおインストアミニレポ »

アルバムレビュー(邦楽)2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/55303927

この記事へのトラックバック一覧です: あいかわらず:

« 名古屋圏フェス・イベント情報2014 (3/16) | トップページ | 宇宙まおインストアミニレポ »