« 今どきのバンドにもUKの血が? | トップページ | 伝説の野外ロックフェス »

2013年11月 4日 (月)

ポップなメロは健在なれど

Title:EP1
Musician:PIXIES

2004年に再結成を果たした後は、活動を継続しているんだかどうだかわからないような状況だったPIXIES。正直、PIXIESのファンとしては少々複雑な心境でした。確かに再結成というニュースはうれしかったですし、その後の来日公演にももちろん足を運びました。ただ、再結成後の中途半端な活動の継続は、「過去の伝説」に頼ってのお小遣い稼ぎにも思え、複雑な思いを感じていました。

特に残念だったのが、今年飛び込んできたキム・ディール脱退のニュース。PIXIESはやはりあの4人が揃ってこそ、という思いがあっただけに、キム・ディール脱退後も活動を続けている姿には微妙なものを感じました。そして飛び込んできたニューアイテム。4曲入りのEPで、ダウンロードかLP盤のみでのリリース。もちろんさっそくダウンロードで購入。でも、キム・ディール去った後の彼らの新曲は純粋にPIXESの新曲として喜んでいいのかどうか・・・微妙な気持ちでした。

そして、そのEPの内容も、どうも微妙な感じが・・・。まず、純粋にギターロックの曲として決して悪い出来ではありません。PIXESらしい人なつっこいポップなメロディーラインは健在で、それにノイジーなバンドサウンドが載るスタイルは、まさにギターロックの王道とも言うべきスタイル。おそらく、新人のギターロックバンドの新作というたてつけならば、文句なしに絶賛した内容だったと思います。

ただ、PIXESの新作として聴くと、正直ちょっと微妙な部分も否めません。1曲目「Andro Queen」からミディアムテンポのちょっとこもったようなアレンジはあまりPIXIESっぽさを感じられず、「?」が灯ります。もっともそれ以降の3曲は、PIXIESらしさを感じさせる部分も多く、それなりに「PIXIESを聴いた」という満足感も無きにしもあらずだったのですが・・・でもやはり、かつての彼らのアルバムを聴いた時のような高揚感を覚えることはありませんでした。

その大きな理由が彼らのかつてのアルバムから感じられたような狂気や緊張感みたいな要素が、今回の作品からは薄かったのように感じました。また、キム・ディールのコーラスがないのもやはり大きなマイナス要素だなぁ。ブラック・フランシスとキム・ディールの掛け合いがある種の緊張感を作り出していたのですが、今回のEPにはそういう要素がスッポリ抜けていたため、どこか物足りなさを感じてしまいました。

ブラック・フランシスのメロディーセンスは本作でも健在でしたが、やはりかつての彼らの名盤名曲たちを超えるだけの出来では残念ながらありませんでした。このアルバムには参加していませんでしたが、新メンバーとしてベースにザ・マフスのキム・シャタックが加わったとか。今後もコンスタントに活動を続けてほしいかと言われると、うーん・・・といった感じですが・・・でもまた来日公演とかあったら足を運んじゃうんだろうなぁ・・・。

評価:★★★★

|

« 今どきのバンドにもUKの血が? | トップページ | 伝説の野外ロックフェス »

アルバムレビュー(洋楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/53722716

この記事へのトラックバック一覧です: ポップなメロは健在なれど:

« 今どきのバンドにもUKの血が? | トップページ | 伝説の野外ロックフェス »