« クドカンのこだわり | トップページ | シングル、アルバム共に女性アイドルグループが目立つチャート »

2013年10月 8日 (火)

実力派とのセッション

Title:ラヂヲ
Musician:青葉市子と妖精たち

最近、徐々に注目を集めている女性シンガーソングライター青葉市子。今回のアルバムは、今年の元旦、NHK-FM「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」で行われた、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaanとのセッションの模様を一発録りで収録したアルバムです。

ピアノ、アコギ、さらにはパーカッションの音と最小限の音の中、青葉市子が静かに歌い上げる作品。音が少ないからこそ、空間の緊迫感がそのままつまったような内容になっています。ただ、楽しいセッションというよりは、音楽に対して静かに、そして真摯に対峙する姿がおさめられている、そんなアルバムのように感じました。

ただ、そんなアルバムの中ですごいのが、青葉市子の存在感。彼女の声は決して独特な声色を持っているわけではありません。声量が特段に優れているわけではありません。それでもこのアルバムを聴いていると、知らず知らずに惹きつけられるのは彼女のボーカル。バックを固めるミュージシャンたちも一流揃いのはずなのですが、それに全く負けるどころか青葉市子の世界にしてしまっています。

このアルバム、というよりも青葉市子の楽曲自体、さほどバリエーションが多いわけではありません。基本的に静かに聴かせるミディアムテンポのナンバーがメイン。それにも関わらず、聴いていて最後までまったくだれることはありません。それはやはり彼女のボーカルが持つ力ゆえ。彼女のボーカルはとても美しく優しいのと同時に、どこか力強さを感じます。そんなボーカルに耳を傾けているうちに、アルバムはあっという間に最後を迎えてしまいました。

今回のアルバムは、基本的に彼女の曲のセルフカバーか、他のカバー曲が収録されているのですが、その中で一番印象に残ったのは「STAR FRUITS SURF RIDER」のカバー。ご存知CORNELIUSの代表曲なのですが、無機的なイメージのする原曲と異なり、彼女のカバーではとても暖かいポップスに生まれ変わっています。正直、かなりイメージが異なるカバーに、彼女のボーカリストとしての実力を感じると同時に、原曲のポップソングとしての魅力も再認識しました。

10月にはついにメジャーデビューも決定し、さらなる飛躍が期待できる彼女。まだまだ、これからの活躍が楽しみです。

評価:★★★★★

青葉市子 過去の作品
うたびこ

|

« クドカンのこだわり | トップページ | シングル、アルバム共に女性アイドルグループが目立つチャート »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/53447628

この記事へのトラックバック一覧です: 実力派とのセッション:

« クドカンのこだわり | トップページ | シングル、アルバム共に女性アイドルグループが目立つチャート »