« さだまさしの魅力と違和感 | トップページ | 山崎まさよし入門 »

2013年8月 5日 (月)

新しいチャレンジ

Title:MIYAVI
Musician:MIYAVI

世界デビューを視野に入れた、ギタリストMIYAVIのニューアルバム。いままでワールドツアーを行い、ミュージシャン表記も従来の「雅-Miyavi-」から「MIYAVI」にあらため、このアルバムは、世界でのリリースも予定しているとか。

セルフタイトルにして気合もたっぷりのMIYAVIのニューアルバムは、いま流行りのEDMを取り入れた作風だとか。確かに、今回の作品の大きな特徴は、エレクトロサウンドを導入した四つ打ちのサウンド。肉感の強かったいままでの彼の作品と比べると、ちょっと毛色の異なったような印象も受けました。

そんな意欲作である今回の作品。印象としては、その新しい挑戦は素晴らしいが、ちょっと中途半端。それこそ雨後のたけのこのように出てきているEDMのミュージシャンの中で、彼までもEDM??という疑問もありつつ。

「Horizon」「Secret」など、よくありがちなK-POPみたいな作風でしたし、「Day 1」あたりは、いかにもデジロック、というサウンドがカッコいいものの、この路線、Boom Boom Satellitesが先を走っているような。

とはいえ、時にはファンキーに、時にはアグレッシヴに演奏しまくるMIYAVIのギターサウンドはやはりカッコいいし、華があります。「Justice」で聴かせてくれる、リズミカルなカッティングギターには、グッと惹きつけられましたし、ファンキーな「Hell No」や、最後を締めくくる「Free World」など、今回もそのギタープレイには耳を奪われてしまいます。

新しき挑戦、道半ばといった印象のアルバム。一方では、MIYAVIの魅力はきちんと現れていて、その点はファンにとっては満足の出来る作品だったのでは。今後、この路線を進むのか、また違う道に挑戦するのかはわかりませんが、今回のアルバムに関しては、ちょっと惜しさも感じる1枚でした。

評価:★★★★

雅-MIYAVI- 過去の作品
WHAT'S MY NAME?
SAMURAI SESSIONS vol.1


ほかに聴いたアルバム

SAD MARATHON WITH VOMITING BLOOD/THE STARBEMS

元BEAT CRUSADERSのヒダカトオルこと日高央率いる新バンド。イメージとしては、ハードコアになったビークルといった感じで、ヘヴィーなバンドサウンドの後ろに流れるメロディーに、どうしてもこびりついている日高央らしさがユニーク。バンドサウンドはハードでも、メロディーはポップという意味でもビークルと通じるものがあります。ただ、そのままビークルになるのを避けるためか、現段階ではこの「日高央らしさ」はちょっと抑え気味。ここらへん、どうTHE STARBEMSとしての個性をつけていくのか、今後に注目。

評価:★★★★

TOMMY CANDY SHOP SUGAR ME/Tommy february6

いままでのキュートなポップ路線からちょっと一線を画す、トランシーなエレクトロポップが目立つ今回のアルバム。ただ、正直、その結果、トミフェブのコンセプトが不鮮明になってしまったような印象がありますし、なにより似たような曲のオンパレードで、ちょっと飽きてくる感じも。もともと、一発ネタ的なコンセプトなので、ちょっと引っ張りすぎな気は、以前からずっと思っているのですが、さすがに金属疲労が否めない感じ。

評価:★★★

Tommy february6/Tommy Heavenly6 過去の作品
I KILL MY HEART(Tommy Heavenly6)
Strawberry Cream Soda Pop “Daydream”(Tommy February6)
Gothic Melting Ice Cream’s Darkness “Nightmare”(Tommy heavenly6)

FEBRUARY&HEAVENLY(Tommy february6/Tommy heavenly6)
HALLOWEEN ADDICTION-ハロウィン中毒-(Tommy february6/Tommy heavenly6)

|

« さだまさしの魅力と違和感 | トップページ | 山崎まさよし入門 »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52660990

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいチャレンジ:

« さだまさしの魅力と違和感 | トップページ | 山崎まさよし入門 »