« andymoriの到達点 | トップページ | 彼らお得意の沖縄音楽ですが・・・ »

2013年8月21日 (水)

お盆最中のチャート

今週は、集計対象週がちょうどお盆ということもあり、アルバムチャートは極端に新譜が少なくなりました。そのため、シングル、アルバムチャート同時更新です。

今週のシングルチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

とはいえ、シングルチャートは10曲中、初登場は8曲も・・・。

そして1位はジャニーズ。Kis-My-Ft2「キミとのキセキ」が獲得しました。これでデビュー作から10作連続1位を獲得。史上6組目だそうですが、ただ、他の5組は全部ジャニーズ系・・・。メンバーの玉森裕太主演のTBS系ドラマ「ぴんとこな」主題歌。初動売上は26万1千枚と、前作「キ・ス・ウ・マ・イ ~KISS YOUR MIND~」の21万4千枚よりアップ。ただし、前々作「My Resistance -タシカナモノ-」は初動31万6千枚を記録しており、ここ数作は、25万枚から30万枚の間で増減している傾向が続いています。

2位はTHE SECOND from EXILE 「SURVIVORS feat.DJ MAKIDAI from EXILE」。かつてJ Soul Brothersとして活動していたメンバーを中心に構成されたEXILEからの派生ユニット。いやもう、EXILEがらみだってわかったから(苦笑)。楽曲は今風のEDM。これが2作目になりますが、初動売上8万2千枚は、前作「THINK‘BOUT IT!」の10万6千枚からダウン。

3位にはUVERworld「Fight For Liberty」がランクイン。TBS系アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」主題歌。ヘヴィーロックなアレンジながらメロは普通のJ-POPというのが、いかにも売れ筋な感じも。初動売上6万2千枚。前作「REVERSI」の4万枚からアップですが、前作はアルバムからのリカットシングル。前々作「THE OVER」の6万1千枚からほぼ横バイ。

続いて、4位以下の初登場ですが、5位に女の子4人組バンドSCANDAL「下弦の月」がランクイン。初動2万8千枚は前作「会わないつもりの、元気でね」の3万2千枚から若干ダウン。出だしは、ギターリフなどを押し出して、ちょっとロック色を強くかもし出していますが、サビで「普通」のポップになってしまうのが残念な感じ。

6位にはバクステ外神田一丁目「美少女黙示録」がランクイン。秋葉原の「アイドル育成カフェ」出身の、まあAKBの2匹目どじょう狙いの女性アイドルグループ。ただ、初動2万2千枚、前作「バイトファイター」の1万9千枚からアップし、人気を伸ばしています。女性アイドルグループならなんだってアリということなのでしょうか。

7位Dream5「We are Dreamer」はNHK教育「天才てれびくんMAX」から登場した男女5人組のダンスユニット。ただ、この曲はどちらかというとアイドルソングみたいな感じなんですが・・・。初動売上1万4千枚は前作「Hop! Step! ダンス↑↑」の1万2千枚より若干アップ。

9位はモバゲー「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクターソング、神崎蘭子(内田真礼),アナスタシア(上坂すみれ),高垣楓(早見沙織),輿水幸子(竹達彩奈),渋谷凛(福原綾香),島村卯月(大橋彩香),本田未央(原紗友里)名義の「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 輝く世界の魔法」。同ゲーム関係では、5月に5枚のキャラクターソングが同時にシングルで発売。うち3枚がベスト10入りしています。本作の初動売上は1万3千枚。5月にリリースしたキャラソンのうち、最高位だった「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 020 輿水幸子(To my darling…)」は初動2万3千枚だったので、そちらよりダウンする結果となっています。

最後10位には、雑誌のモデルなどで活躍する女の子4人からなるバンドSilent Siren「ビーサン」がランクイン。これが3枚目となるシングルで、イメージ的にはSCANDALの後釜的な感じ?初動売上1万3千枚は、初動4千枚最高位19位だった前作「stella☆」から大きくアップ。各種イベントや、シングルの販売形態数増加で、プロモーションをかけ、一気に初のベスト10ヒットとなった模様です。


今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

これで3週連続の1位獲得!

なんと、今週、3週連続1位となったのはマキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」。お盆にかかり、大型新譜のない週が続いた結果なのですが、それでも2位には、先週の5位からランクアップし、2週目にしてベスト3入りしたChe'Nelle「AISHITERU」、3位には、いきものがかり「I」というラインナップの中での1位はやはり立派。彼らの勢いは、まだまだ止まらなさそうです。

ちなみに、今週のアルバムチャートで初登場は1枚のみ。それが5位初登場ハジ→「超ハジバム。」。仙台出身のシンガーソングライターによる、これがメジャーデビューアルバム。ベスト10入りはこれが2作目で、初のベスト10ヒットとなった前作「ハジバム3。」の9千枚から、初動売上1万枚と微増。

さて、こんな週なので、今週はベスト10圏外からの返り咲きが2作品ありました。それが先週14位から4位にランクアップしたChris Hart「Heart Song」と、12位から6位にランクアップしたMay J.「Summer Ballad Covers」。どちらも7月29日付チャート以来4週ぶりの返り咲きで、売上も、Chris Hartが5千枚から1万枚、May J.も6千枚から1万枚とアップしています。いずれも発売から2ヶ月以上がたつロングヒット作品。ただし、どちらも新曲ではなく、過去のJ-POPをカバーしたアルバム、という点がちょっと残念な気持ちになります。

そんな訳で、今週のシングル、アルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に!

|

« andymoriの到達点 | トップページ | 彼らお得意の沖縄音楽ですが・・・ »

ヒットチャート2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52956011

この記事へのトラックバック一覧です: お盆最中のチャート:

« andymoriの到達点 | トップページ | 彼らお得意の沖縄音楽ですが・・・ »