« 名古屋圏フェス・イベント情報(8/9) | トップページ | どこまでも熱く »

2013年8月 9日 (金)

EDMに挑戦

Title:FEEL
Musician:安室奈美恵

ここ最近、人気が再燃して以降、女性シンガーとして、トップを走り続ける安室ちゃん。このアルバムも当然のようにチャート1位を獲得。オリジナルでは、6作連続の1位となりました。

今回のアルバムの大きな特徴は、エレクトロ・ダンス・ミュージック(EDM)への挑戦という点。特に、このアルバムの1曲目「Alive」から、「めざましテレビ」のテーマ曲として、毎朝流される「Can You Feel This Love」までは、まさに今風のEDMの本流を行くような曲が並んでいます。

一方では、「Let Me Let You Go」は、彼女がピアノ演奏したというPVが話題になったピアノバラードナンバーであったり、先行シングルとなった「Big Boys Cry」は、トライバル風なビートがインパクトといった感じで、EDMだけではないバリエーションもあり、最後まで楽しめる作品になっています。

ただ・・・今回のアルバム、ちょっと物足りなさを感じました。まず、楽曲としてはいつもの通り、良く出来ていると思います。Lady Gagaへのアルバム参加も噂される、新進気鋭のZeddというミュージシャンが楽曲プロデュースを手がけていることも話題になっていますが、どの曲も、今時のサウンドを取り入れて、しっかりインパクトあるポップソングを聴かせてくれています。

しかし、確かにEDMの楽曲としては良く出来ているのかもしれませんが、いわば王道のサウンドのため、安室奈美恵としての個性がいまひとつ見えてきませんでした。ちょっと酷な言い方をすると、EDMブームの中で、何度も聴いたようなタイプの曲の連続。安室奈美恵だからこそ歌える、という楽曲には出会えませんでした。

ひとつのEDMのアルバムとしては良作でしたが、安室奈美恵の最新作としては、ちょっと物足りなさを感じたアルバム。あらたな挑戦とはいえ、それで出てきた楽曲はちょっと無難すぎたかも・・・。次の一歩に期待です。

評価:★★★★

安室奈美恵 過去の作品
BEST FICTION
Past<Future
Checkmate!
Uncontrolled


ほかに聴いたアルバム

Befriend/SING LIKE TALKING

復帰後2作目になる、約2年ぶりの新作。活動休止前からあわせて、ロック志向の強い作品が続いていましたが、本作は、AOR路線に戻ったような作品で、いわばSING LIKE TALKINGとしてイメージしそうな楽曲が並んでいます。さすがにかつてのような勢いはありませんが、安定した良質なポップスといった感じで、ファンなら安心して聴けそうな作品になっていました。

評価:★★★★

SING LIKE TALKING 過去の作品
Empowerment

恋と革命とアーバンギャルド/アーバンギャルド

サブカル的な、「今どきの若者」風な歌詞と、デジタルポップを基調とするアーバンギャルドのベスト盤。個人的には、相対性理論や、最近ではパスピエあたりと重なる部分も感じてしまうのですが・・・。最新アルバムが顕著だったのですが、ポップなメロはインパクトがあるものの、正直、歌詞はちょっと理屈っぽくて、狙いすぎに感じるような部分も。男女ツインボーカルも特徴的なのですが、男性ボーカル松永天馬の歌い方もちょっと鼻がつく感じ。

評価:★★★★

アーバンギャルド 過去の作品
少女の証明
メンタルヘルズ
ガイガーカウンターカルチャー

|

« 名古屋圏フェス・イベント情報(8/9) | トップページ | どこまでも熱く »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52700848

この記事へのトラックバック一覧です: EDMに挑戦:

« 名古屋圏フェス・イベント情報(8/9) | トップページ | どこまでも熱く »