« 美しい歌声に鳥肌 | トップページ | B'zの歴史 »

2013年7月10日 (水)

今週はアイドルは少なめ?

今週は、アルバムチャート初登場が少なかったので、アルバムチャートと同時更新です。

今週のシングルチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

だけど1位は例のごとくAKB48がらみで・・・

1位はAKB48系。乃木坂46「ガールズルール」がランクイン。爽やかなサマーポップナンバーなのですが、あまりに普通すぎてとりたてて特徴のないポップソング。初動売上33万7千枚は前作「君の名は希望」の24万2千枚からアップしてきました。

2位は、EXILE「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」が先週のベスト50圏外からランクアップし、いきなりベスト3入り。4月15日付で初登場1位となった週以来のベスト10ヒットとなりました。どうもライブツアーチケットの附属CDについて、追加公演分の売上が加算された影響の模様。

3位はL'Arc~en~Cielのhydeのユニット、VAMPS「AHEAD」がランクインです。約2年8ヶ月ぶりという久々のシングル。初動売上5万枚は、前作「MEMORIES」の2万2千枚より大幅アップですが、シングル購入者へのライブチケット抽選や、初回盤2種類+通常盤をすべて買った人にはDVDがプレゼントされるなどの特典攻勢が物を言った模様。

続いて4位以下初登場ですが、また例のよって雨後のたけのこのような女性アイドルグループが。4位にスマイレージ「新しい私になれ!」が、10位にDoll☆Elements「君のハートに解き放つ!」がそれぞれランクインしています。

スマイレージは初動2万6千枚で、前作「旅立ちの春が来た」の2万2千枚よりアップ。ここ最近、初動2万枚前後で推移していましたが、本作は初動売上をあげてきました。Doll☆Elementsはこれがメジャーデビュー作で、初のベスト10入り。初動売上9千枚は、前作「ギュッとSTAR!!」の6千枚よりアップ。

で、今週は、3位VAMPSをはじめ、アイドル系以外の初登場曲が目立ちました。5位にはflumpool 「大切なものは君以外に見当たらなくて」・・・あ~昔のビーイング系みたいなタイトルだ(苦笑)。ギターの阪井一生が、太ってしまい、ダイエットに専念するため「ビジュアル面担当」ということでお笑い芸人のNON STYLE井上裕介がバンドに加入するなど、音楽以外で話題になりました。本作は、初動2万5千枚と、前作「Answer」の3万4千枚から大きくダウン。苦戦気味だった前々作「Because...I am」の2万8千枚も下回り、少々苦戦気味。メンバーチェンジという話題性が、売上にいまひとつ結びつかなかった模様。

もういっちょロック系。6位にSPYAIR「現状ディストラクション」がランクイン。「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」主題歌。今風のヘヴィーロック風のサウンドながらも、メロは典型的なJ-POPといった感じが、今時の売れ線のポップスロックバンドといった感じでしょうか。ベスト10入りは前々作「サクラミツツキ」以来2作ぶり2作目。初動1万7千枚は、前作「虹」の6千枚から大幅アップ。ただ、ベスト10入りした前々作もアニメ「銀魂」主題歌であり、完全にアニメタイアップ依存型のヒット。これをどうバンドのファンにつなげられるか、今後が勝負といったところか。

そしてさらに7位には竹内まりや「Dear Angie ~あなたは負けない」が入ってきました。約4ヶ月ぶりのニューシングル。ちょっと意外ですが、ベスト10入りは2008年リリースの「幸せのものさし」以来5作ぶり。初動売上1万2千枚は、前作「たそがれダイアリー」の5千枚から大幅増。ライブ映像のついたDVDを特典としてはじめてつけたそうで、その影響も強いと思われますが、竹内まりやでも、こういうことをしなくては売れないという事実が悲しい・・・。


今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

ベスト10なのに、ミュージシャンは7組だけ??

今週、1位2位は、BUMP OF CHICKENのベスト盤が1、2フィニッシュ。「BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]」が1位、「BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]」が2位に入ってきました。ただ、初動売上は、「I」が17万2千枚、「II」が16万8千枚と、直近のオリジナルアルバム「COSMONAUT」の20万7千枚よりもダウンという厳しい結果になっています。確かに、今どき、DVDもなし、新曲もなしで、ファンも買い控えた人もいるのかもしれませんが・・・それを差し引いても、もうちょっと売れてほしかったかも。

さて、今週は、このバンプのベストをはじめ、2枚同時リリースのミュージシャンが3組も。そのため、ベスト10なのに、登場するミュージシャンは7組のみという結果になっています。他にB'zのベストが5位、6位に並んでいるほか、さらにGACKTのベスト盤「BEST OF THE BEST-MILD-」が8位、「BEST OF THE BEST-WILD-」が9位に、それぞれランクインしています。初動売上はいずれも1万6千枚。直近は、これまたシングル集「THE ELEVENTH DAY ~SINGLE COLLECTION~」で、こちらの1万1千枚よりはアップ。2009年にリリースした直近のオリジナル「RE:BORN」の1万9千枚よりはダウンという結果に。こちらも浮動層を取り込めない厳しい結果に。ただ、彼の場合は、シングル集を含め、ベスト盤を出しすぎているという印象も。

なお今週のアルバムチャート、10位にはさだまさしのベスト盤がランクインしており、結果、10枚中7枚がベスト盤という結果になっています。やはりボーナスシーズンを狙って、浮動層にアピールしやすいベスト盤の発売が続いたということなのでしょうか?

ちなみに今週のアルバムチャート3位には、先週1位だったきゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」がベスト3をキープしています。

今週、ベスト10初登場はあと1枚。4位にやなぎなぎ「エウアル」がランクインです。これがデビューアルバムとなる女性シンガーソングライター。ベスト10はシングルアルバム通じて初登場ですが、supercellの楽曲にボーカルで参加していたり、シングルはアニソンやゲームのテーマ曲などに多く採用され、多くのシングルがベスト20に入ってきていたため、アルバムでのヒットは自然の流れでしょうか。

今週のヒットチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に!

|

« 美しい歌声に鳥肌 | トップページ | B'zの歴史 »

ヒットチャート2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52383342

この記事へのトラックバック一覧です: 今週はアイドルは少なめ?:

« 美しい歌声に鳥肌 | トップページ | B'zの歴史 »