« 雨後のたけのこのような女性アイドルグループ・・・ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) »

2013年7月 4日 (木)

この人気は続いていくのか?

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週は、あの「原宿系」(?)アイドルが初の1位獲得。

まあ、彼女が「アイドル」かどうかは微妙な感じなのですが、きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」が、シングルアルバム通じて自身初の1位獲得となりました。初動売上は12万6千枚で、前作「ぱみゅぱみゅレボリューション」の7万1千枚より大きくアップ。ここ最近、シングルが順調に初動売上をあげていたのに対して、直近作「インベーダーインベーダー」ははじめて初動売上を落としましたが、アルバムは、前作から大きく初動がアップで、その人気を見せ付けました。ただ、正直、ネタ的にはそろそろ「飽き」がはじまりそうな頃。そういう意味では、これからが本当の勝負かも。

2位は韓国の男性アイドルグループSHINee「Boys Meet U」が入ってきています。日本でのリリースはこれが2作目。初動売上5万6千枚は、前作「THE FIRST」の7万1千枚よりダウンです。

3位には「Produced by Masaharu Fukuyama 『Galileo+』」がランクイン。タイトル通り、福山雅治プロデュースによる、フジテレビ系ドラマ「ガリレオ」の曲を収録したコンセプトアルバム。ドラマ主題歌のKOH+「KISSして」「恋の魔力」などももちろん収録されています。先日まで放送されていた「ガリレオ」の最新シリーズでは、キャスト変更が話題になったり、視聴率が20%に届かなかったりと、一時期に比べて少々陰りも見られましたが、サントラ盤のヒットを見る限り、まだまだ根強い人気を誇っているようですね。

続いて、4位以下の初登場ですが、初登場6位はClariS「SECOND STORY」がランクイン。顔出しはしない、女子高校生2人組という設定のアイドルグループ。タイトル通り、これが2枚目のアルバムですが、初動売上3万8千枚は、前作「BIRTHDAY」の5万3千枚よりダウン。

7位には、さだまさし「天晴~オール・タイム・ベスト~」が入ってきました。タイトル通り、グレープ時代の大ヒット曲「精霊流し」から、ご存知「関白宣言」「北の国から」などなど、代表曲をファン投票で選曲し収録した、文字通りのオール・タイム・ベスト。最近、ベテラン勢の「オールタイムベスト」が相次いでいますが、やはり彼も、CDがメディアとして存在しているうちに、という思いがあったのでしょうか。初動売上は3万7千枚。オリジナルの直近作「もう来る頃・・・」は初動1万枚だったので、さすがの大幅アップ。ちなみにさだまさしは過去、ベスト盤を出しまくっていて、直近では2007年に「さだまさしベスト3~讃」をリリースしていますが、この時は最高位129位という結果に。

初登場最後は10位。9mm Parabellum Bullet「Dawning」がベスト10入りです。約2年ぶりとなるアルバム。初動売上2万2千枚。前作「Movement」の初動2万6千枚より若干ダウンしてしまいました。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に!

|

« 雨後のたけのこのような女性アイドルグループ・・・ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) »

ヒットチャート2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52284939

この記事へのトラックバック一覧です: この人気は続いていくのか?:

« 雨後のたけのこのような女性アイドルグループ・・・ | トップページ | 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) »