« 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) | トップページ | バンドとしての原点に戻った作品 »

2013年7月 5日 (金)

今となっては貴重なライブ音源

Title:Radiohead Live at Tramps June 1,1995
Musician:RADIOHEAD

Radioheadlive1995_2

最近は、フリーダウンロードでライブアルバムをリリースするケースが少なくありませんが、またしても太っ腹なフリーダウンロードのライブアルバムがリリースされました。

レディオヘッド、ニューヨークでの1995年6月のライヴ音源を無料ダウンロードで公開
http://ro69.jp/news/detail/84523

アメリカの音楽雑誌「Paste Magazine」によって公開されたライブ音源。タイトル通り1995年の6月に、アメリカ・ニューヨークはトランプで行われたライブの模様を収録した音源だそうです。

1995年というと、ちょうど「The Bends」が3月にリリースされた直後。そのためもちろん、「The Bends」からの楽曲が多く演奏されています。RADIOHEADといえば、その後、エレクトロニカ方面に方向性が変わり、さらに最近ではダブステップの要素を多く取り入れたアルバムも発表していますが、この時期の作品は、ノイジーなギターサウンドを前面に押し出した、オルタナ系ギターロック。今となっては、この時期のライブ音源は、貴重な音源と言えるかもしれません。

アルバムは、決して音はいい訳ではありませんし、トム・ヨークの歌声が、前半、聴きにくい部分もあったりと、マイナス要素もあります。ただその一方、ギュンギュンとギターノイズを響かせるバンドサウンドは非常にアグレッシブで迫力がありますし、観客からの歓声やMCもパッケージした音源には、ライブの臨場感もちゃんとパッケージされています。

そして、今となってはなによりうれしいのが、最近ではほとんどライブで演奏されない名曲「CREEP」を収録されている点。楽曲がはじまった途端、歓声があがっている点、やはりこの頃から人気の高い曲だったんだなぁ、と思います。今だったら、もっと盛大な歓声があがっているかも。

そんな訳で、ファンならまず無条件でダウンロードしておきたいライブ音源。ダウンロードはこちらから↓
http://noisetrade.com/pastemagazine/pastecom-presents-radiohead-live

メールアドレスを入れると、ダウンロードサイトを示したメールが送付されてきます。

評価:★★★★★

RADIOHEAD 過去の作品
In Rainbows
The Best Of
ROCKS:Live In Germ
THE KING OF LIMBS
TKOL RMX 1234567

|

« 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) | トップページ | バンドとしての原点に戻った作品 »

アルバムレビュー(洋楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52313665

この記事へのトラックバック一覧です: 今となっては貴重なライブ音源:

« 名古屋圏フェス・イベント情報(7/5) | トップページ | バンドとしての原点に戻った作品 »