« 中2病を描いて25年? | トップページ | 海外の男性アイドルグループが並んだチャート »

2013年7月31日 (水)

2週連続

今週のシングルチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

今週の1位は先週から変わらず。

SKE48「美しい稲妻」が9万4千枚を売り上げて2週連続1位をキープ。シングルでの2週連続1位の記録は、2011年4月のマキシマム ザ ホルモン「グレイテスト・ザ・ヒッツ 2011~2011」以来ということ。これが「快挙」になってしまうシングルチャートに悲しくなってしまうのですが。

2位はKARA「サンキュー サマーラブ」がランクイン。初動売上は6万9千枚。前作「バイバイ ハッピーデイズ」の6万5千枚から若干アップ。積極的なイベント効果で、ようやく下げ止まった感じが。楽曲は、爽やかなアイドルソングといった感じで、デビュー当初のK-POPっぽさがかなりなくなって、「普通の」アイドルグループになっちゃった感じも。

3位に入ってきたのがコブクロ「One Song From Two Hearts」。初動売上6万3千枚は、前作「紙飛行機」の4万枚からアップ。こちらも、ここ最近の売上下落傾向が下げ止まった感じ。ロック色の強い力強いナンバーで、通常盤未収録のライブ音源を収録したファンクラブ会員限定盤をリリースするなどの施策が功を奏した結果でしょうか?

続いて4位以下の初登場ですが、まずは4位。先日、地元函館での野外ライブも話題となったGLAY「DARK RIVER」が入ってきました。NHKドラマ「激流~私を憶えていますか?~」主題歌のこの曲は、モロ歌謡曲なナンバー。初動売上4万2千枚は、前作「JUSTICE[from]GUILTY」の4万6千枚よりダウンしています。

5位には、韓国のバンドFTISLAND「シアワセオンリー」がランクイン。映画「劇場版トリコ 美食神の超食宝」エンディングテーマ。こちらも、メロディーラインは思いっきり歌謡曲の歌謡ロックナンバーで、K-POPというよりも、J-POPっぽいナンバー。初動売上2万3千枚は、前作「You Are My Life」の2万9千枚よりダウン。9月に、この曲も収録したシングルベストのリリースが決まっており、その影響もあるのでしょうか。

6位初登場は女性アイドルグループフェアリーズ「光の果てに」。K-POPを意識したような作風から一転、今回の作品はまんま90年代のビーイング系だなぁ、と思ったら、作曲は織田哲郎。ご本人様でした。初動売上2万2千枚は、前作「White Angel」の2万枚より若干アップ。

7位は、ヴィジュアル系バンドシド「サマラバ」がランクイン。タイトル通り、爽快なポップナンバーで、あまりヴィジュアル系っぽい雰囲気はないかも。初動売上1万8千枚は、前作「恋におちて」の2万2千枚からダウン。ここ数作、3万4千枚→2万2千枚→1万8千枚と下落傾向なのが気になるところ。

8位には、BiBi「Cutie Panther」が入ってきています。アニメ「ラブライブ!」からのキャラクターソング。BiBi名義ではこれが2作目で、初動売上1万6千枚は、前作「ダイヤモンドプリンセスの憂鬱」の最高位79位初動売上1千枚から大幅アップ。「ラブライブ!」関連だと、直近作はlily white「微熱からMistery」で、こちらの初動1万5千枚からも若干アップ。エレクトロアレンジながら一昔前の歌謡曲っぽい雰囲気のナンバーで、やっつけが多い、最近のキャラソンの中では比較的、アニメファン以外にもアピールできそうな作品かも。

最後9位には、EXILEと同じ事務所所属の男性ボーカルグループDEEP「星影」がランクインです。前作に引き続き王道のバラードナンバー。初動売上1万5千枚は、前作「夜風」の1万1千枚からアップしています。

今週のシングルチャートは以上。アルバムチャートは、また明日!

|

« 中2病を描いて25年? | トップページ | 海外の男性アイドルグループが並んだチャート »

ヒットチャート2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52674164

この記事へのトラックバック一覧です: 2週連続:

« 中2病を描いて25年? | トップページ | 海外の男性アイドルグループが並んだチャート »