« 粋がった若者たちの主張 | トップページ | いまだに衰えぬパワー »

2013年7月28日 (日)

かわいいアルバム

Title:なんだこれくしょん
Musician:きゃりーぱみゅぱみゅ

ちょっと前、宮崎駿の声優論が話題になったことがあります。「『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す声優がたまらない(=否定的な意味で)」という発言が物議を呼んだそうですが、私としては、思わず膝を打った発言でした。

個人的にも、最近はやりの女性アイドルグループが全く良いと思えない大きな理由のひとつがおそらくこれ。「わたし、かわいいでしょ」とこれでもかというほどアピールするボーカルが、生理的に受け付けられません。で、きゃりーぱみゅぱみゅ。アイドルと並べて紹介されることも少なくありません。彼女もまた「かわいい」を売りにしています。ただ、彼女とアイドルの最大の違いは、アイドルの「かわいい」が自己主張なのに対して、彼女の「かわいい」は、一歩下がって、客観的な視点から「かわいい」自分像をつくりあげている点。そのため、このアルバムも、「わたし、かわいいでしょ」という自己主張は感じられません。

そんな訳で、きゃりーぱみゅぱみゅのニューアルバムを聴いてみた訳ですが、実を言うと、このアルバム、さほど大きな期待はしていませんでした。というのも、先行シングルでヒットした「にんじゃりばんばん」「インベーダーインベーダー」。サビにかなりのインパクトがあり、一度聴くと忘れられないメロディーが特徴的ですが、名曲か、と言われるとかなり疑問を感じたからです。その最大の理由は、サビ以外の部分がやっつけすぎだろ!いかにもサビ先で、インパクトだけを重視した作り方は、思わずサビを口ずさんでしまう魅力は否定できませんが、楽曲として優れたものとは思えません。

ところが、アルバムを聴いてみたら、予想以上に良い内容にはまってしまいました。特に、シングル曲以外が素晴らしい(笑)。インパクト重視のシングル曲に比べて、その他の曲は、決して単調なインパクトに頼るだけではなく、ポップでメロディアス。そしてとてもキュートな楽曲に仕上がっていました。この楽曲の雰囲気、どこかで聴いたことあるなぁ、と思ってよく考えたら、初期のcapsuleの雰囲気に似ているんですよね。さすがにいまさら「まんまピチカート」ではないものの、ちょっとおしゃれで、かわいらしく、飛び抜けてポップな曲調は、まさに初期capsuleそのまま。そういえば、そのcapsuleのカバー「Super Scooter Happy」も収録されています。

ご存知きゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーはあの中田ヤスタカ。彼って、今一番やりたい、流行のEDMそのものをcapsuleでやり、そのEDMをもうちょっとポップ寄りにしたサウンドをPerfumeでやり、そして、その過程で出来なくなってしまった、初期capsuleのようなポップ路線をきゃりーでやり・・・よくよく考えると、自分がやりたいいろいろな音楽をいろいろなミュージシャンで上手く色分けして演っているんだなぁ・・・ということに気がつきました。

そんな訳で、その楽しいポップソングを最後まで楽しめたアルバム。ただ、一方で、今の彼女の輝きは、まさに一瞬の輝きなんじゃないかなぁ、とも感じます。実際、最新シングル「インベーダーインベーダー」は、ヒットしたその前のシングル「にんじゃりばんばん」のあきらかに2匹目のドジョウを狙った作品ですし、少々この方向性もマンネリの気も見えます。それだけに、アルバムをチェックするなら今のうちかも。そんな、もっとも勢いのある彼女の放った、一瞬の輝きを感じさせるアルバムでした。

評価:★★★★

|

« 粋がった若者たちの主張 | トップページ | いまだに衰えぬパワー »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52593822

この記事へのトラックバック一覧です: かわいいアルバム:

« 粋がった若者たちの主張 | トップページ | いまだに衰えぬパワー »