« 変わる人、変わらない人 | トップページ | 明るい雰囲気の作品だが・・・。 »

2013年6月24日 (月)

好きな曲に好きなようにチャレンジ

Title:LOVER ALBUM 2
Musician:クラムボン

クラムボンのカバーアルバム第2弾。今回のアルバムは、前作以上にジャンルがバラバラ。好きな曲を好きなようにカバーしているアルバムになっています。

なんといっても、空気公団のように、女性ボーカルのソフトロックバンドあり、HUSKING BEEのようなパンクあり、中森明菜のような歌謡曲からThe Beatles、さらにはジャズに、ミトがお気に入りというアニメソングまで2曲収録。見事なまでにジャンルレスなカバーアルバムになっています。

そのため、アルバム全体としては寄せ集め感が強く、雰囲気的にはバラバラ。アルバムとしての統一感はほとんどありません。ただ、逆に言えば、アルバムの統一感を出すよりも、1曲1曲、それぞれの曲に似合った味付けをした、ということなのでしょう。

基本的に原田郁子の特徴あるやわらかいボーカルを主軸として、アコースティックな味付けをほどこしているのがメイン。そこは実力のある彼らだからこそ、ロック風の強い曲からポップ、ジャズ、レゲエなどなど、曲によってジャンルもたくみに使い分け、それぞれの曲の雰囲気に似合ったアレンジに見事仕立てています。

ただ、それだけジャンルがバラバラだからこそ、出来の良し悪しはあって、原田郁子のボーカルが曲にマッチした曲は、名カバーになっていました。例えば、空気公団の「呼び声」なんかはすぐイメージしやすいですし、アニメ「けいおん!」のキャラソン「U&I」なんかも原田郁子のボーカルがピッタリはまっていました。

逆にちょっと厳しかったのは中森明菜の「Desire」で、原曲とボーカルのタイプが違うのに、原曲と同じベクトルでカバーしているので、ちょっとボーカルと曲の雰囲気がアンマッチだったかも。TOKYO No.1 SOUL SETの「状態のハイウェイ」も、BIKKE本人が参加しちゃっているので、結果、カバーというよりも、TOKYO No.1 SOUL SETの曲にクラムボンがゲスト参加しているような雰囲気に・・・。

とはいえ、総じて好きな曲に好きなようにチャレンジしているだけに、メンバー全員の肩の力が抜けたような感じの、楽しい雰囲気のカバーアルバムになっていたと思います。なによりも本人たちが演奏していて楽しかったんでしょうね。そんな雰囲気が伝わってくるようなカバーアルバムでした。

評価:★★★★★

クラムボン 過去の作品
Re-clammbon2
JAPANESE MANNER ep
2010

ワーナーベスト
columbia best

3peace2


ほかに聴いたアルバム

野獣バイブレーター/ギターウルフ

途中、ジョンスペとの共同リリースとなるEPはあったものの、純然たるオリジナルとしては、2年5ヶ月ぶりとなるギターウルフの新作。とはいっても、基本的な路線はいつものギターウルフそのままなのでご安心を。ただ、本作は、以前よりも、よりヘヴィーに、またサイケっぽい雰囲気もまして、強烈なギターサウンドが、リスナーを襲い掛かるようなアルバムでした。

評価:★★★★

ギターウルフ 過去の作品
宇宙戦艦ラヴ

THE REVELATION/coldrain

名古屋で結成されたという、5人組ハードコアバンド。このアルバムも見事ベスト10ヒットを果たしたのですが、気がついたら、最近、この手のヘヴィーなバンドが増えたなぁ。やはりアイドル系やらK-POPやらがチャートを席巻する中、ヘヴィーな音を求める若者が増えてきているということなのでしょうか。このアルバム、ヘヴィーな音が終始耳を惹きますが、メロディーラインには哀愁もあって、とても聴きやすく、このヘヴィーだけどもポピュラリティーがあるというバランスが人気の理由でしょうか。はじめて聴きましたが、意外と聴きやすく、楽しめました。

評価:★★★★

|

« 変わる人、変わらない人 | トップページ | 明るい雰囲気の作品だが・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/52105151

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな曲に好きなようにチャレンジ:

« 変わる人、変わらない人 | トップページ | 明るい雰囲気の作品だが・・・。 »