« カバーアルバム第2弾 | トップページ | リビングレジェンドの現役感バリバリの新作 »

2013年6月10日 (月)

懐かしいバンドが復活!

Title:The Best Of Hermann H.&The Pacemakers
Musician:Hermann H.&The Pacemakers

まずなによりも「懐かしい!」という感情が先に走りました、Hermann H.&The Pacemakersのベスト盤。1999年、ミニアルバム「HEAVY FITNESS」でデビュー。当初は、期待のギターロックバンドと目され、ブレイク候補の最右翼とも言われていました。

特にライブパフォーマンスでは、担当パートが「ウルフ」と名乗る、パフォーマンス担当のメンバー若井悠樹も参加しているなど、定評があり、人気を確保していきましたが、人気上昇中の2003年に、サウンドの要のひとりだったギターの平床政治が脱退。その後も勢力的に活動を続けていたものの、2005年に活動を休止していました。

それが昨年2月に1日限りの再結成。さらに6月には正式な活動再会宣言を経て、今年1月には、なんと平床政治が再加入。新曲1曲を含む、ベスト盤がリリースされました。

ブレイクの最右翼、なんていわれていたのですが、今回、あらためて調べてみると、チャート的には、「PINKIE'S ROCK SHOW」の35位が最高位なんですね。もっとも、今と比べるとかなりCDが売れていた時代なので、単純比較は出来ないのですが、イメージしていたほど、ブレイクしていなかったんだなぁ、と思いました。

ただ、今回のベスト盤で久しぶりに彼らの曲を聴くと、なんでブレイクできなかったのか、あらためて不思議に感じます。ちょっと60年代のテイストを感じる、哀愁あるメロディーラインは、日本人の琴線に触れそうなポピュラリティーを感じますし、微妙にひねくれた展開を感じるメロディーラインはインパクト十分。このひねくれ系メロは、現在でいえば、ちょっとフジファブリックあたりを思い起こさせる部分もあります。また、このアルバムにどこか懐かしさを感じるのも、もちろんバンドの曲自体を久しぶりに聴いたという理由も大きいのでしょうが、それ以上にこの哀愁あるメロが大きな要因になっているのかも。もっとも、自分が書いた当時のアルバムの感想を読むと、シングル曲以外のインパクトが少々不足しており、そこらへんがブレイクしそこねた原因にも思われるのですが。

今回のベスト盤、全22曲70分を超えるフルボリュームだったのですが、それだけインパクトある曲が並んでいるため、だれることなく、一気に聴きとおすことが出来ました。ちなみに最後に新曲「OEM」が収録されているのですが、軽快なポップソングは悪くはないのですが、久々のご挨拶程度の小品といった感じで、かつてのファンの過大な期待は禁物かも。とはいえ、彼ららしいポップなナンバーに仕上がっていて、ライブではそれなりに盛り上がりそうですが。

次はオリジナルアルバムのリリースがあるのでしょうか。本格的に活動を再開するなら、今度こそブレイクを期待したいなぁ。Hermann H.&The Pacemakersという長い名前に懐かしさを感じる方は必聴の1枚。また、フジファブ、MONOBRIGHT、アナログフィッシュあたりのひねくれポップ好きは要チェックのミュージシャンかも。

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

CIDER ROAD/UNISON SQUARE GRADEN

このアルバムにも収録されたシングル「リニアブルーを聴きながら」が映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-」主題歌に起用され、ベスト10ヒットを記録したスリーピースバンドのアルバム。このアルバムも、ベスト10ヒットを記録し、アニメ主題歌というタイアップ効果抜きで、人気上昇中のバンドです。

楽曲は、良くも悪くもJ-POPらしい、90年代風のビートロック。そのシングル曲もはじめ、1曲1曲にインパクトがあり、確かに十分なヒットポテンシャルのあるバンドに思います。ただ、その一方で、似たような楽曲が多く、バリエーションが少ないのが少々難点。楽曲にしても、よくありがちなビートロックなので、ちょっと最後の方は飽きてきてしまったかも。

評価:★★★

Hot Number/オレスカバンド

デビュー時は、現役高校生バンドとして話題となった彼女たちですが、既に20代半ばにさしかかり(とはいえ、まだ若い!)、今回のアルバムでは大人のバンドへの成長を感じます。前作「COLOR」でも、元気一辺倒ではなくなったバラエティーある音楽性を聴かせてくれましたが、本作も、ファンキーなナンバーやエレクトロチューンなども入れ、スカ一辺倒ではない、バラエティー富んだ作風を聴かせてくれます。ただ、その反面、ちょっといい意味でも悪い意味でも落ち着いちゃった感も。ただ、大人のバンドとしての成長を感じる彼女たち。これからの活躍に期待したいところです。

評価:★★★★

オレスカバンド 過去の作品
What a Wonderful World! vol.1
What a Wonderful World! vol.2

COLOR

|

« カバーアルバム第2弾 | トップページ | リビングレジェンドの現役感バリバリの新作 »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/51854179

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいバンドが復活!:

« カバーアルバム第2弾 | トップページ | リビングレジェンドの現役感バリバリの新作 »