« メロディーラインが前面に | トップページ | 東京の風景 »

2013年5月12日 (日)

capsuleの歴史

Title:rewind BEST-1(2012→2006)
Musician:capsule

Title:rewind BEST-2(2005→2001)
Musician:capsule

Perfumeや、最近ではきゃりーぱみゅぱみゅのプロデューサーとして活躍中の中田ヤスタカによるユニット、capsuleのベストアルバムが2枚同時に発売となりました。今回のベスト盤は、時代をさかのぼる形で、2006年までの作品がBEST-1に、2005年以前の作品がBEST-2に収録されています。

とはいえ、capsuleのベスト盤としては、2009年にベスト盤「FLASH BEST」が発売されたばかり。その後、オリジナルアルバムが3枚リリースされていますが、それでもちょっとこのスパンは短すぎないか?という印象は受けます。

ただし、今回のアルバムは、前作「FLASH BEST」で、収録されず、半ば「黒歴史」化か?と思われた最初期の作品も収録。そういう意味ではオールタイムベストな作品となっています。

この2枚のベストで、capsuleの歴史を遡れるようになっていますが、時代を遡れば遡るほど、capsuleとしての「個性」が薄まり、かつ、こしじまとしこのボーカルが前に出てくる「普通」のポップスアルバムになっているのがユニークでした。

特に初期capsuleは、劣化版ピチカート・ファイブというイメージを強く持っていたのですが、あらためてその時代の作品を聴くと・・・そのイメージがほとんど間違っていないことを再認識しました(^^;;とはいえ、この時代からインパクトのあるメロディーラインを書いており、後の時代のブレイクを彷彿とさせる面はチラホラと。

あらためて聴くと、BEST-1になってからの垢抜けぶりがすさまじい感じ。初期のなんちゃってピチカートの影はほとんどなくなり、ロッキンなエレクトロビートをバリバリ鳴らし、中田ヤスタカの色を前面に押し出した作品が並びます。結果、こしじまとしこの存在が、ともすれば「楽器の一部」的になってしまったのですが・・・。

そんな訳で、BEST-1はお薦め。BEST-2はあまり期待できない内容とは思うのですが、ファンなら、この時代の作品もチェックしておきたいところ。まさにcapsuleの歴史がわかるオールタイムベストでした。

評価:
BEST-1 ★★★★★
BEST-2 ★★★★

capsule 過去の作品
FLASH BACK
MORE!MORE!MORE!
FLASH BEST
PLAYER
WORLD OF FANTASY
STEREO WORXXX


ほかに聴いたアルバム

新世界/ACIDMAN

「静」と「動」を見事に対比させたダイナミックな作品が実にACIDMANらしい作品。特に前半は勢いがあり、ヘヴィーなバンドサウンドに惹かれます。さすがに、少々仰々しいサウンドに、後半はちょっとお腹いっぱいになってくるのですが、ACIDMANらしさが出ている作品。ここ最近の作品の中では一番かも。

評価:★★★★

ACIDMAN 過去の作品
LIFE
A beautiful greed
ALMA
Second line&Acoustic collection
ACIDMAN THE BEST 2002-2012

|

« メロディーラインが前面に | トップページ | 東京の風景 »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/51549924

この記事へのトラックバック一覧です: capsuleの歴史:

« メロディーラインが前面に | トップページ | 東京の風景 »