« 心ゆさぶられる | トップページ | あまり馴染みない名前が多いような・・・。 »

2013年2月 5日 (火)

大きな成長を感じる傑作

Title:one and zero
Musician:androp

andropのニューアルバム「one and zero」が素晴らしい!andropのアルバムについては、いままでも聴いていました。オルタナ系のギターロック路線は、個人的には好きなタイプではあったものの、特にこれといった特徴のない感じで、悪くはないけど・・・といった印象で、積極的に推したくなるようなアルバムではありませんでした。

ただ、そんなニューアルバムは、そんないままでのイメージを払拭するような内容に。イントロを挟んで、事実上の1曲目となる「Rising Star」からまず、ノイジーなギターの音にピアノの音色が幻想的で美しいシューゲイザーナンバーが耳を惹きます。続く「Boohoo」も、ファンキーなギターのリフに重なるシンセの音色が美しいナンバーでインパクト十分です。

他にも、ファンキーなベースの早弾きがインパクト十分な「Plug In Head」や、爽やかなシティポップ風の「Radio」、トランシーな4つ打ちのナンバー「World.Words.Lights.」、音数絞ったポストロック風のアレンジが印象的な「Human Factor」などバリエーションが豊富な内容に。全体的に、シンセなどを使用し、美しくコーティングされたような、夢の世界のようなサウンドが印象的で、耳を惹くものがありました。もともとから、バリエーションのある楽曲を聴かせてくれるバンドでしたが、アルバム全体を流れる音の美しさに、andropとしての個性を感じられる仕上がりになっていたように思います。

一方では、「You」みたいなダイナミックなバンドサウンドを聴かせてくれたり、王道のギターロック路線もしっかりと健在。「Am0:40」あたりは歌詞もメロもインパクト十分なのですが、BUMP OF CHICKENっぽいのはご愛嬌?最後は、ストリングスも入れて、幻想的な雰囲気たっぷりの、タイトルズバリ「End roll」で締めくくる点まで、構成もパッチリです。

また、メロディーラインは、基本的にポップで聴きやすく、そのため、様々なタイプの曲を取り入れても、小難しくならず、聴きやすいポップに仕上がっている点も特徴的。ただ、その一方で、メロディーはちょっとベタに陥りやすく、前作まででも目立っていた、平凡なギターポップのチラホラ。いわゆる「ハズレ」の曲も少なくなく、そういう意味では、ちょっと残念な部分も。全15曲入りなのですが、もうちょっと曲を絞れば、さらなる傑作になったのではにでしょうか。

とはいえ、そういう点を差し引いても、いままで聴いてきたandropのアルバムの中で、間違いなく最高傑作であり、彼ら自身、ひとつ壁を超えたアルバムであったと思います。いままで、平凡なギターロックバンドという印象だったのですが、これだけのアルバムをリリースできれば、これから先、さらなる傑作を産み出せそう。楽しみです。

評価:★★★★★

androp 過去の作品
door
relight


ほかに聴いたアルバム

BRACKISH/SHAKALABBITS

ベースのKING脱退、新メンバーYOSUKE加入後、初となる作品は6曲入りのミニアルバム。ここ最近、ハードロック路線に舵をとり、このアルバムも、基本的にその路線は顕著ですが、本作ではそれに加えて、原点回帰的なスカからの要素も強く感じられました。軽快なギターロックは新鮮味はありませんが、安定感があって、安心して聴ける印象。

評価:★★★★

SHAKALABBITS 過去の作品
SHAKALABBITS
4 ALL AGES
Phasemeter Trippin' Bug Shake
Condenser Baby

FUCK FOREVER/a flood of circle

こちらも全7曲入りのミニアルバム。基本的に、基礎体力のあるバンドなので、ガレージロック路線が決まればカッコいいのですが、ボーカルの声があまりにも端整なのと、メロディーにひねりが足りず、少々平凡さが目立つため、一歩間違えるとつまらないJ-POP路線に陥ってしまうのが玉に瑕。「Summertime Blues II」「KINZOKU Bat」あたりが前者の代表で文句なしにカッコいいのに、後者の影響が出てしまった「FUCK FOREVER」は、90年代のヴィジュアル系バンドみたい・・・。前作では、後者のタイプの曲を払拭し、大きく一歩前進したかな?と思っていたのですが、また元に戻ってしまったのが残念。脂がのれば、日本を代表するようなガレージバンドになれる素質は持っていると思うのですが・・・。

評価:★★★★

a flood of circle 過去の作品
泥水のメロディー
BUFFALO SOUL
PARADOX PARADE
ZOOMANITY
LOVE IS LIKE A ROCK'N'ROLL

|

« 心ゆさぶられる | トップページ | あまり馴染みない名前が多いような・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/48985429

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな成長を感じる傑作:

« 心ゆさぶられる | トップページ | あまり馴染みない名前が多いような・・・。 »