« 目でも楽しむブルース | トップページ | 最初で最後のベスト盤 »

2013年1月27日 (日)

今風のサウンドにポップなメロ

Title:Coexist
Musiciant:The xx

年末から年明けにかけて、各種メディアで年間ベスト10が発表されました。その中から、当初、聴き逃したアルバムを聴いているのですが、このアルバムも、そんなアルバムの1枚。イギリスの3人組バンド、The xxのニューアルバムです。

The xxは、2009年にアルバム「xx」でデビュー。このアルバムが大きな評判を呼び、メディアでは軒並み2009年のベスト盤に選出。イギリスでもっとも権威のある音楽賞の一つである、マーキュリー賞も授賞するなど、大きな評判を呼びました。

今回のアルバムは、それに続くニューアルバム。当然、前作の評価が大きかっただけに、本作も注目を集めました。結果、イギリスのアルバムチャートでは見事1位を獲得。アメリカビルボードでも最高位5位をしたほか、各国チャートでも上位に食い込み、世界的な大ブレイクを果たした他、評判も上々。まさに今、もっとも注目を集めているバンドの一組です。

楽曲のタイプは、「ポスト・ポップ」と呼ばれることもあるみたいですが、基本的に、ポストロック風の、音数の絞り、かつ、ビートを強調したようなサウンドが特徴的。雑誌などによっては、おととし、ジェイムス・ブレイクのヒットでも注目を集めているダブステップの枠組みで紹介している場合もあるみたいです。広い空間の中で鳴らされているような、奥行きのある雰囲気を醸し出しつつ、ビートを強調した音が、その中で静かに鳴らされ続けている・・・どこか幻想的な雰囲気が魅力的。音数が少ないからこそ、非常に緊迫感ある雰囲気が醸し出されています。

一方では、そんなトラックの中で鳴っているメロディーは、シンプルながらも、非常にポップでかつメロディアス。ほとんどの曲が、男女デゥオになっているのですが、男女デゥオだからこそ、さらにポップに、かつ耳馴染みやすい雰囲気に仕上がっています。トラックこそ、時代の先端を行くようなサウンドながらも、メロディーはポピュラリティーがあり、だからこそ、各国チャートで上位に食い込むようなヒットを記録しているのでしょう。

ただ、メロディーもサウンドもシンプルで淡々としているだけに、ちょっと最初の取っ付きは悪いかもしれません。でも、何度か聴けば-この手のアルバムではありがちなのですが-中毒性の高い音が癖になりそうなアルバムだと思います。次は日本でもヒット、なるのか?

評価:★★★★★


ほかに聴いたアルバム

Strangeland/KEANE

デビューアルバム以来、全てのアルバムをイギリスのヒットチャートで1位に送り込んでいるにも関わらず、なぜか日本ではほとんど無視された状況の彼ら。確かに、前作のミニアルバム「NIGHT TRAIN」や、前々作「Perfect Symmetry」は、彼らの新しい試みが中途半端に終わっており、いまひとつなアルバムで、いくらイギリスで売れていても、日本ではいまひとつの盛り上がりで仕方ないのかなぁ・・・と思っていたのですが、本作は、日本でも十分ブレイクできそうな傑作になっていました。

楽曲は、ピアノを中心としたアレンジで、美しく爽やかなメロディーラインを聴かせてくれるポップスバンド。イメージとしては、同じくイギリスのロックバンド、COLDPLAYやTRAVISあたりと近い雰囲気のあるバンドで、それこそ、いかにもイギリスで売れそうなタイプといった感じ。デビュー作以降、このピアノを中心としたアレンジの美しいメロディーを聴かせる傑作アルバムを連発していたのですが、「Perfect Symmetry」ではシンセを用いたニューウェーヴ風のアルバムをリリースしてきて、結果、いまひとつな出来に終わっていました。今回のアルバムは、まさに原点回帰とも言うべき作品。COLDPLAYやTRAVISあたりが好きなら、絶対に気に入るアルバムだと思います。お勧めの傑作アルバムです。

評価:★★★★★

KEANE 過去の作品
Perfect Symmetry
NIGHT TRAIN

A Different Kind of Truth/VAN HALEN

なんと14年ぶりの新作となる、ご存知アメリカのハードロックバンドの新作。いかにもなハードロックサウンドと、親しみやすいメロディーで、自分くらいの世代にとっては、BON JOVIあたりと並んで、高校生あたりが最初に聴きはじめる洋楽バンドというイメージも強かったりして。そんな彼らの、本当に久々となる新譜は、まさにこれぞハードロックといった感じの王道路線で、期待を裏切りません。いかにもな、ハードで、だけどクリアなギターサウンドに、ポップなメロディーライン。聴きやすいし、聴き終わった後、「ロックを聴いた」という満足感にひたれます。個人的にはちょっと好みのタイプではないのですが、ハードロックが好きなら、文句なく満足できそうな1枚。

評価:★★★★

|

« 目でも楽しむブルース | トップページ | 最初で最後のベスト盤 »

アルバムレビュー(洋楽)2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/48833693

この記事へのトラックバック一覧です: 今風のサウンドにポップなメロ:

« 目でも楽しむブルース | トップページ | 最初で最後のベスト盤 »