« 今度はジャニーズ系 | トップページ | シンプルなだけに・・・ »

2012年11月22日 (木)

こちらもジャニーズvsK-POP

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週は、アルバムチャートも奇しくもシングルチャート同様、ジャニーズvsK-POPという構図になりました。まず1位は、Sexy Zone「one Sexy Zone」。タイトル通り、これがデビューアルバムとなります。初動売上は8万6千枚。直近のシングル「Sexy Summerに雪が降る」は初動9万5千枚からはダウンしています。

2位は韓流女性アイドルグループ、KARA「ガールズ フォーエバー」。初動売上は7万3千枚。直近の「KARAコレクション」の4万7千枚よりはアップしていますが、こちらはメンバー個々のソロ作を集めた企画盤。前作「スーパーガール」の初動27万5千枚から大きくダウン。かなり厳しい結果になっています。

3位には、先週1位だったJUJUのベスト盤「BEST STORY ~Life stories~」が2ランクダウンながらベスト3をキープ。「BEST STORY ~Love stories~」も4位になっており、3位4位と並んでいます。

以下、初登場はまず6位。イギリスの男性アイドルグループONE DIRECTION「TAKE ME HOME」がランクインです。イギリスの音楽オーディション番組「Xファクター」から誕生したグループで、前作「Up All Night」はイギリスはもとより、アメリカでも1位を獲得して大きな話題となりました。初動売上は2万6千枚。前作「Up All Night」は、最高位10位で、その時の売上が9千枚。その売上を大きく上回る結果になっています。

8位にはアメリカの人気パンクバンド、GREEN DAY「¡DOS!」がランクイン。3部作の2枚目で、9月には「¡Uno!」が発売済み。来年1月には「¡Tré!」のリリースが予定されています。初動売上は2万2千枚。第1弾「¡Uno!」の2万6千枚あらダウンしてしまいました。

9位ランクインは、人気声優坂本真綾のシングル集「シングルクレクション+ミツバチ」。シングル集としては3作目となるアルバム。2005年以降に発売されたシングルが収録されています。初動売上は1万9千枚。直近のミニアルバム「Driving in the Silence」の1万7千枚よりはアップしましたが、シングル集としての前作「シングルコレクション+ニコパチ」の4万1千枚からは大きくダウン。まあ、「ニコパチ」は2003年のリリースなので、CD全体の売上状況からすると、ダウンは妥当でしょうが。

最後、10位には「TVアニメ 黒子のバスケ DRAMA THEATER 2nd GAMES それがボクたちのバスケです」が入ってきています。タイトル通り、アニメ「黒子のバスケ」のドラマCD。初動売上1万4千枚は、ドラマCD第1弾「たまにはいいと思いますよ」の9千枚よりアップ。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に~。

|

« 今度はジャニーズ系 | トップページ | シンプルなだけに・・・ »

ヒットチャート2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こちらもジャニーズvsK-POP:

« 今度はジャニーズ系 | トップページ | シンプルなだけに・・・ »