« 個性の強い3組 | トップページ | 変り続ける »

2012年10月13日 (土)

「愉快な仲間たち」と

Title:THE FLAMING LIPS AND HEADY FWENDS(邦題:ザ・フレーミング・リップスと愉快な仲間たち)
Musician:THE FLAMING LIPS

THE FLAMING LIPSは、ここ最近、精力的な活動を続けています。ピンク・フロイドの「The Dark Side Of The Moon」をそのままアルバム毎カバーしたアルバムをリリースしたかと思えば、髑髏型の食用グミに新曲入りのUSBを埋め込み販売したり、さらには24時間にも及ぶ新曲(!)を、人間の頭蓋骨にUSBをパッケージして販売したり。精力的に活動を続けているのですが、「普通」のニューアルバムが、なかなかリリースしてくれません・・・。

今回のニューアルバムも、「普通」のニューアルバムではなく、タイトル通り、様々なミュージシャンたちとコラボした企画盤。もともと、今年4月に、アナログ盤限定でリリースしたアルバムを、CDで再発売した形態のようです。

そこに参加しているミュージシャンたちもなかなか豪華。Bon IverにPrefuse 73みたいなインディー系のミュージシャンから、なんとKe$haやErykah Badu、さらにご存知小野洋子も参加しています。

で、楽曲の方も、THE FLAMING LIPSらしい、サイケなギターサウンドに、キュートでポップなメロディー・・・・・・なんですが、このサイケなギターサウンドが前面に出ていて、もうひとつの持ち味「キュートでポップなメロディー」は確かに鳴っているのですが、ちょっと後ろに下がってしまったような印象を受けました。

それ以上に残念に感じたのは、様々なミュージシャンが参加しているのですが、それが、アルバム全体として、さほど特徴的に感じられなかったこと。小野洋子参加の「Do It!」は、彼女らしいアバンギャルドなポップスだったのですが、全体的にTHE FLAMING LIPS色に塗り固められた感じで、コラボとしての色合いがちょっと薄かったように感じます。

THE FLAMING LIPSのファンなら気に入るアルバムだとは思うのですが、コラボ作という特徴をあまり感じられず、ちょっと残念な印象を受けました。正直、そろそろ普通のニューアルバムを聴きたい・・・最近の精力的な活動から、決してスランプではないと思うのですが・・・。

評価:★★★

THE FLAMING LIPS 過去の作品
EMBRYONIC
The Dark Side Of The Moon

|

« 個性の強い3組 | トップページ | 変り続ける »

アルバムレビュー(邦楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/47222517

この記事へのトラックバック一覧です: 「愉快な仲間たち」と:

« 個性の強い3組 | トップページ | 変り続ける »