« AKBがらみvsK-POP | トップページ | 4年ぶりの復帰作 »

2012年10月25日 (木)

ベスト3はすべてベスト盤

今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

シングルチャートでは、AKBとK-POPが1位2位でしたが、アルバムチャートは、もう1組のチャート上位常連、ジャニーズ系です。

今週1位は、関ジャニ∞初のベストアルバム「8EST」が獲得。初動売上は29万8千枚。直近のオリジナル「FIGHT」は25万3千枚だったので、若干のアップ。あまりアイドル系だと、ベスト盤だから買うような浮動層は少なそうですが、若干、浮動層を取り込んだ模様です。

2位は、相変わらず根強い人気。山下達郎のベスト盤「OPUS~ALL TIME BEST 1975-2012~」が先週1位からワンランクダウンで2位キープ。これで4週連続2位以内をキープしており、高い人気を見せ付ける結果となっています。

3位は、人気女性声優田村ゆかりのベスト盤「Everlasting Gift」がランクイン。初動売上2万7千枚は、直近のオリジナルアルバム「春待ちソレイユ」の2万1千枚からアップ。また、2007年にリリースしたベスト盤「Sincerely Dears...」の最高位11位、初動1万7千枚も大きく上回る結果となりました。またベスト3入りは、アルバムシングル通してはじめてとなります。

という訳で、今週、ベスト3は、すべてベスト盤というチャートになりました。これから冬のボーナスシーズンに向けて、ベスト盤が・・・ってのはちょっと気が早いか?以下、4位からの初登場盤ですが、まずは4位にASKA「SCRAMBLE」が入ってきています。カバーアルバムなどのリリースはありましたが、純然たるオリジナルとしては、なんと2005年の「SCENEIII」以来7年ぶり。チャゲアス活動休止以来、初となるオリジナルとなりました。4位という順位は「SCENEIII」の最高位6位を上回りましたが、初動1万8千枚は、「SCENEIII」の4万4千枚から大幅ダウン。直近のアルバムは、昨年リリースしたカバーアルバム「BOOKEND」だったのですが、そちらの初動1万枚は、さすがに大幅に上回りました。

5位には、ビジュアル系バンドJanne Da ArcのyasuによるソロプロジェクトAcid Black Cherryの初となるライブアルバム「Acid Black Cherry TOUR『2012』」が入ってきています。初動売上は1万7千枚で、直近のオリジナル「『2012』」の初動11万7千枚からは、さすがに大幅にダウンしています。

続く6位は「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL 04」で、TBS系アニメ「THE IDOLM@STER」のキャラクターによる歌やドラマを収録した企画盤の第4弾。初動売上は1万3千枚で、前作「03」とほぼ横バイ。完全に固定ファンのみが購入している感じ。

そして8位は横山だいすけ,三谷たくみ名義による「NHKおかあさんといっしょ 最新ベスト パンパパ・パン」が入ってきています。ご存知NHKの子供向け教育番組「おかあさんといっしょ」で使われた曲が収録されたベスト盤。毎年10月にリリースされているそうですが、昨年の「それがともだち」に引き続きベスト10入り。ただ、初動売上は9千枚で、前作の1万2千枚からはダウンしています。

初登場最後を締めくくるのは、9位、こちらもベスト盤、女性シンガーソングライター奥華子「奥華子BEST -My Letters-」がランクインです。初動売上は9千枚で、直近のオリジナル「good-bye」の8千枚からアップ・・・とはいえ、ベスト盤の数値としては、ちょっと寂しい感じも。アルバムのベスト10入りは、オリジナルとしては前々作「うたかた」の10位以来のベスト10ヒットとなりました。

今週のアルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に!

|

« AKBがらみvsK-POP | トップページ | 4年ぶりの復帰作 »

ヒットチャート2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/47564391

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト3はすべてベスト盤:

« AKBがらみvsK-POP | トップページ | 4年ぶりの復帰作 »