« モーサムの作品を下支えするのは・・・? | トップページ | じわじわとはまっていきます。 »

2012年8月 6日 (月)

楽曲全体で、独特の雰囲気が。

Title:渦になる
Musician:きのこ帝国

きのこ帝国は、これがデビューアルバムとなる4人組のバンド。いろいろと評判になっており、以前から名前は知っていたのですが、特に、音を聴く機会がなく。はじめてその音を聴いたのは、先日も紹介した、DAIZAWA RECORDS所属のミュージシャンの曲を集めた「代沢時代」の中に、このアルバムにも収録されている「WHIRLPOOL」が収録されていたことから。これでもかというほどのホワイトノイズが、楽曲全体に覆い尽くすシューゲイザーサウンドが、個人的に壺にはまり、さっそくアルバムも聴いてみました。

で、冒頭の「WHIRLPOOL」には、「代沢時代」の時と同様、圧巻されたのですが、ただ、そういうシューゲイザー系の音を期待していた私にとっては、それ以降に関しては、ちょっと残念だったかも。そういうホワイトノイズで覆いつくされたサウンドの曲は1曲目のみ。その後もギターノイズを前に出した曲もあるのですが、「WHIRLPOOL」のイメージで考えると、ちょっと拍子抜けするかも。バンドサウンドに関しては、全体的には、普通のギターロック、というイメージを受けました。

ただ、一方で、歌詞を含めた世界観を、この段階で既につくりあげているという点、非常におもしろいものを感じました。ちょっと暗い、鬱っぽい雰囲気の女性ボーカルが歌う歌詞は、鬱屈した、現代の若者の暗い部分を描いたような歌詞。歌詞とボーカルの親和性は抜群ですし、ノイジーなバンドサウンドも、どこか闇の部分を感じるようなバンドの世界観にもマッチしています。

そういう意味では、ボーカル、バンドサウンド、メロディー、そして歌詞が、見事にマッチして、タッグを組み、ひとつの世界を作り上げている、そんな印象を受けました。「WHIRLPOOL」のホワイトノイズが圧巻で、それ以外の曲のインパクトがちょっと薄く感じてしまったのですが(ただ、「夜が明けたら」は、復讐心をテーマとした歌詞の内容を含めて、インパクトのある作品ではあったのですが)、これからがどんどんおもしろそうになってくる、そんな予感のするデビューアルバムでした。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

6 REMIX'N BIRDS/中村一義

中村一義の代表曲を、6組のミュージシャンたちがリミックスしたアルバム。全体的にエレクトロアレンジが多いリミックスに。中村一義といえば、曲自体に強烈な個性を感じるミュージシャンですが、リミックスを担当するのが、石野卓球やらFPMやら、さすがの実力者をそろえているだけあって、新しい雰囲気の曲として生まれ変わっています。ファンなら要チェックかな。

評価:★★★★

中村一義 過去の作品
最高宝

|

« モーサムの作品を下支えするのは・・・? | トップページ | じわじわとはまっていきます。 »

アルバムレビュー(邦楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/46421143

この記事へのトラックバック一覧です: 楽曲全体で、独特の雰囲気が。:

« モーサムの作品を下支えするのは・・・? | トップページ | じわじわとはまっていきます。 »