« 3月11日以降の日本への・・・ | トップページ | 1位は圧倒的な強さで・・・ »

2012年6月26日 (火)

僕たちのヒット曲!その2

以前、このサイトで紹介した、日本における洋楽のヒット曲を網羅的に収録したコンピレーションアルバム。今回は、その後半。Vol.5~Vol.8を紹介します。

Title:僕たちの洋楽ヒットDELUXE Vol.5 1977-79

前回にも書いたのですが、全8作のうち、70年代後半が、楽曲が様式化してしまって、面白みがなくなったと思うのですが、Vol.5は、アルバム全体的には、無難なAORやいかにもな産業ロックが多く、BGMのように聴けてしまう内容で、全8作の中では、正直、一番つまらなかった・・・・・・。とはいうものの、一方では、ABBA「Dancing Queen」のように、来るべき80年代を彷彿とさせるような、魅力的なポップナンバーもおさめられていて、そういう意味では、聴きどころも。次の時代への萌芽を感じられるオムニバスでした。

評価:★★★

Title:僕たちの洋楽ヒットDELUXE Vol.6 1980-82

80年代ポップスというと、最近はちょっとイメージが変わりましたが、一昔前は、軽薄なポップソングの時代というイメージがあり、かなり評価が低かった印象があります。確かに、その前の時代の70年代のロックやパンク、90年代のグランジと比べると、インパクトのあるメロディーばかりが目立つポップソングが主流だったこの時代。ただ、ともすれば「ベタ」とも言われそうな、この時代の底抜けに明るいポップソング、実は嫌いじゃなかったりします(^^;;

このアルバムでは、そんなMTVで最初に流されたPVということで、ある意味、80年代の幕開けの象徴として捉えられがちなTHE BUGGLES「Video Killed The Radio Star(邦題:ラジオ・スターの悲劇)も収録されており、まさに80年代らしいポップチューンにウキウキするようなオムニバス。一方では、70年代から続く、AORも多く収録しており、バランスが取れているような印象も受けました。

他にも、一体、日本で何人の人がカバーしたんだ?というほどのカバーの定番、BOYS TOWN GANG「Can't Take My Eyes Off You(邦題:君の瞳に恋してる)や、ちょっと意外なところでは、ある年代以上には懐かしい、フジテレビ系クイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」のオープニングTRAMMPS「Trammps Disco Theme」なんかも収録されていて、私くらいの世代でも、懐かしさを感じるようなナンバーが・・・。

評価:★★★★★

Title:僕たちの洋楽ヒットDELUXE Vol.7 1983-84

自分が、80年代ポップスが結構好きなのは、小難しいこと抜きのポップが好き!という好みの問題もあるのでしょうが、意識的なり無意識なり、この時代の音楽をリアルタイムで聴いていて、どこか懐かしさを感じてしまうから、というのもあるからでしょうか。ここらへんの年代になると、私も小学生。完全に物心がついた年代になってきます。

Duran Duranやら、WHAM!やらYES「Owner Of Lonely Heart」やら、いかにも80年代!という曲が並ぶこの回。PRINCECYNDI LAUPERといった、80年代を代表するミュージシャンの曲もきちんと収録されており、その時代の空気を感じることが出来ます。ただ、例のごとく、大人の事情か、マイケル・ジャクソンにマドンナといった、80年代を代表するポップ・アイコンの曲が収録されていないのが残念なのですが・・・。ちなみに、AFTER THE FIRE「Der Kommissar(邦題:秘密警察)にはラップみたいな部分が顔を見せ、次の時代の萌芽を、こちらにも感じます。

評価:★★★★

Title:僕たちの洋楽ヒットDELUXE Vol.8 1985-89

このシリーズのトリを飾るのがこの回。こちらもいかにも80年代的なa-ha「Take On Me」からスタートし、80年代らしい明るいポップソングが並びます。ROXETTE「THE LOOK」なんかも収録されていたりして・・・懐かしい~。ROXETTE、ちょうど私が洋楽を聴き始めたころに流行っていて、実は結構好きだったんだよなぁ~。

ただ、この時期でおもしろいのは、次の時代、90年代のテイストを感じる曲がある点。例えばLOS LOBOS「La Bamba」なんかは、どこかオルタナティヴなテイストを感じますし、SOUL II SOUL「Keep On Movin'」なんかも、どこか今風な雰囲気も?その一方では、EUROPE「The Final Countdown」のような、産業ロックの極みみたいな曲もあったりして(笑)、ここらへんの雑多な感じもまた、ポップス音楽に勢いがあったんだなぁ、ということを感じます。

そんな来るべき次の時代への空気を感じつつ、このシリーズは終了。いやぁ、本当は個人的には次の90年代こそ、リアルタイムで聴いていた世代だっただけに、このシリーズの続きを聴きたいところなのですが・・・90年代も、やってくれないかなぁ。

評価:★★★★

そんな訳で、まさにボリュームたっぷり、おなか一杯になったシリーズ。懐かしい曲から、逆に今聴くと、新鮮味を感じる曲、スタンダードナンバーとして、すっかりおなじみの曲まで、バラエティーに富んだ楽曲の数々を楽しめるオムニバスでした。全8巻、すべて買うのは大変かもしれませんが、興味がある方は是非。たまには、バブルガムなヒット曲も楽しいですよ。

僕たちの洋楽ヒットDELUXE Vol.1~Vol.4

|

« 3月11日以降の日本への・・・ | トップページ | 1位は圧倒的な強さで・・・ »

アルバムレビュー(洋楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/45617023

この記事へのトラックバック一覧です: 僕たちのヒット曲!その2:

« 3月11日以降の日本への・・・ | トップページ | 1位は圧倒的な強さで・・・ »