« 飛行機の中での出会い | トップページ | 単なるアコギデゥオにあらず »

2012年6月29日 (金)

洋楽が目立つアルバムチャート

今週の着うたチャート

2012年6月20日~2012年6月26日付チャート

今週1位は・・・扱い的には、一応「洋楽」・・・なのかな?

1位は、ロサンジェルス在住の女性シンガーChe'Nelle(シェネル)の、7月4日リリース予定のアルバム「BELIEVE」からの配信曲「BELIEVE」が初登場で獲得。Che'Nelleは、一応、「アメリカのシンガー」的な触れ込みなのですが、活躍の場はもっぱら日本で、特に着うたチャートではおなじみのシンガー。この曲は、映画「BRAVE HEARTS 海猿」の主題歌で、歌い上げるバラードナンバーなのですが、歌詞も日本語で、完全に「邦楽」になってしまっています(^^;;

2位には韓国の女性アイドルグループ少女時代「PAPARAZZI」がランクイン。6月27日に発売したシングルからの先行配信。来週のシングルチャートでは上位にランクインしてきそう。3位は、先週1位だったJUJU「ただいま」が2ランクダウンながらも、ベスト3をキープしています。

3位以下には初登場は2曲。まず8位にヒルクライム「蛍」がランクイン。こちらも6月27日発売予定のシングルからの先行配信。そしてもう1曲、9位にMISIA「恋は終わらないずっと」が入ってきています。こちらはNHKドラマ「はつ恋」主題歌。こちらは、残念ながら今週のシングルチャートでは17位止まりだったのですが、着うたでは見事ベスト10入り。MISIAらしい伸びやかなボーカルをいかしたミディアムテンポのちょっと切ないナンバー。彼女らしいいい曲だとは思うのですが、ここ最近、売上の面ではかなり苦戦していますね・・・。

また、今週はベスト10返り咲き曲も2曲。5位にEXILE「ALL NIGHT LONG」が先週の13位から、10位にBIGBANG「FANTASTIC BABY」が先週の23位から、それぞれランクアップ。EXILEは、今週のシングルチャートで1位でしたが、シングルの発売にあわせて、2週ぶりにベスト10返り咲き。BIGBANGは、下のアルバムチャートで紹介していますが、来日記念盤発売及び来日にあわせての上昇。5月8日付チャート以来、7週ぶり2度目の返り咲きとなりました。


今週のアルバムチャート

http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週のアルバムチャートは、洋楽が目立つチャートに・・・。

ただし、そんな中で1位を獲得したのがaiko。ニューアルバム「時のシルエット」が1位獲得です。女性シンガーソングライターの1位獲得は、昨年11月のYUI「HOW CRAZY YOUR LOVE」以来で、意外なことに、今年第1号だとか。確かに、女性シンガーソングライターで、確実に1位を取れるシンガーは少ないからなぁ。ただ、初動売上は10万1千枚。2年3ヶ月前の前作「BABY」の13万5千枚からダウン。前々作は初動16万7千枚だっただけに、下落傾向が止まらないことが気になります。

さて、洋楽が目立った今週のチャート。ベスト3のうち、2位3位はいずれも海外勢。2位はアメリカ。日本でも人気のミクスチャーロックバンド、LINKIN PARK「LIVING THINGS」がランクイン。前作「A Thousand Suns」から引き続きの2位。ただし、初動売上は4万6千枚で、前作の5万1千枚からはダウンしてしまいました。

また、3位には、こちらは韓国。男性アイドルグループBIGBANG「ALIVE」が先週の89位から一気にジャンプアップし、3位に返り咲きです。これは、新録音源と、ボーナストラックを追加した、来日記念盤「MONSTER EDITION」の発売があった影響。売上は3万8千枚で、日本盤発売時が5万2千枚を売り上げたので、ざっと5分の4近くが新たに購入した計算に。

さて、続いて4位以下なのですが、4位に、B'z松本孝弘ことTak Matsumoto「Strings Of My Soul」がランクイン。ラリー・カールトンと組んでグラミー賞を受賞して話題となった「TAKE YOUR PICK」以来の新作ですが、本作でも、1曲、ラリー・カールトンがゲストとして参加しています。初動売上は、その「TAKE YOUR PICK」の1万7千枚から2万7千枚にアップ。グラミー賞受賞効果か?

5位も洋楽勢。アメリカの人気ロックバンドMaroon5「Overexposed」がランクインです。これは偶然なんでしょうが、LINKIN PARKとMaroon5、前作も前々作も、日本のチャートでは同じ週にランクインしています。初動売上の2万4千枚は、前作「Hands All Over」の2万9千枚から、こちらもダウンです。

洋楽勢はもういっちょ。アメリカでは、絶大な人気を誇る男性アイドルJustin Bieber「Believe」が、日本でも7位に入ってきました。ただ、前作「MY WORLDS」は、発売日の関係で2週目にベスト10入りしましたが、その時の売上が1万6千枚だったのに対して、本作は初動で1万3千枚とダウンした結果になってしまいました。

最後10位には、EXILEが所属する芸能プロダクションLDH所属の女性アイドルグループHapinessのデビューアルバム「Happy Time」がランクイン。シングルアルバム通じて、これがはじめてのベスト10ヒット。初動売上は1万1千枚。直近のシングル「We Can Fly」が最高位19位の初動8千枚だったので、シングルの売上よりは、初動売上を伸ばしてきました。

今週の着うた&アルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に~。

|

« 飛行機の中での出会い | トップページ | 単なるアコギデゥオにあらず »

ヒットチャート2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/45914923

この記事へのトラックバック一覧です: 洋楽が目立つアルバムチャート:

« 飛行機の中での出会い | トップページ | 単なるアコギデゥオにあらず »