« ライバル対決・・・っていってもねぇ(苦笑) | トップページ | GW中のチャート »

2012年5月10日 (木)

大化けした2枚目

Title:この声
Musician:高橋優

高橋優、大化けしました!!

高橋優というシンガーソングライターの曲をはじめて聴いたのは、前作「リアルタイム・シンガーソングライター」でした。メディアを中心にかなりプッシュされているシンガーで、どんなもんだろうか、とはじめて聴いてみました。

ただ、正直言って、前作は、あまりピンと来ませんでした。特に心に残るような歌詞もなければ、メロディーもさほど後に残らず。なんだ、完全に「ハイプ」か・・・ぶっちゃけて言ってしまうと、そう思ってしまいました。

ところが、最新アルバム「この声」を聴いて、彼に対するイメージが完全に変わりました。アコースティックなサウンドをベースに、彼の力強い声が響くこのアルバム。そこで描かれる世界で歌われる厳しい現実は、聴いた私の心に深く刻み込まれました。

特に序盤「蛍」「誰がために鐘が鳴る」「雑踏の片隅で」は、「2ch」あるいは「~なう」などといったネット用語をたくみに取り入れて「今の時代」を皮肉的な視点で厳しく切り取りながら、その一方で明日への希望を歌っています。

そしてそんな現実を歌いながらも続く「気ままラブソング」では文字通り、気ままなラブソング。現状を肯定しながら、その中での幸せを見つけていこうとするこの曲は、大変な現実の中にいきる私たちにとって、心に響くナンバーだと思います。

他にも、「一人暮らし」なんかは、タイトル通り、一人暮らし経験者にとっては、やけにリアリティーがあり、共感をおぼえそう。どの曲も1曲1曲、描写が妙にリアリティー。ただ、多くの曲に共通しているのが、日常に立脚した視点の歌詞で、現実を否定せず、平凡な生活の中で、希望を見つけようとするスタンスを感じられます。

この「ささいな日常の肯定」というスタンス、どこか斉藤和義に通じるものを感じます。その力強い歌声といい、等身大な歌詞の姿勢といい、もうちょっと肩の力が抜ければ、斉藤和義の後継者的な位置につけるだけのシンガーソングライターになれるかも?いや、2作目でグッとおもしろくなりました。これは、これからが楽しみです。

評価:★★★★★

高橋優 過去の作品
リアルタイム・シンガーソングライター


ほかに聴いたアルバム

guitarium/miwa

こちらは女性シンガーソングライターの2枚目。前作から大ブレイクしていたのですが、ちゃんと聴くのはこれがはじめて。イメージ通りギター主体のガールズロックがあるかと思えば、スカ風のリズムを取り入れたり、打ち込みを入れたり、ハードロック風のナンバーがあったりとバラエティー豊富・・・なのですが、変に様々なタイプの曲をやっているだけに、彼女の核の部分がいまひとつ見えてこないような。作風が豊かというよりもバラバラな印象を受けてしまいました。

評価:★★★

|

« ライバル対決・・・っていってもねぇ(苦笑) | トップページ | GW中のチャート »

アルバムレビュー(邦楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/45175008

この記事へのトラックバック一覧です: 大化けした2枚目:

« ライバル対決・・・っていってもねぇ(苦笑) | トップページ | GW中のチャート »