« きっかけはツイッターでした。 | トップページ | 僅差ながらジャニーズ系の勝利 »

2012年3月 6日 (火)

日本でもブレイクなるか?

Title:CEREMONIALS
Musician:Florence+the Machine

フローレンス・ウェルチを中心となるイギリス出身の5人組バンド。2009年にリリースしたデビューアルバム「Lungs」はグラミー賞の新人賞にノミネートされ、イギリスのアルバムチャートで2週連続1位を記録するなど大きな注目を集めました。2作目となる本作も、イギリスではもちろん1位を獲得したほか、アメリカビルボードチャートでもベスト10入りを記録。今、イギリスでもっとも注目を集める女性ミュージシャンとなっています。

力強い女性ボーカルで、ロックとソウルを融合させたミディアムテンポの楽曲を歌い上げる手法は、広い意味で、今話題とAdeleと近いタイプ、と言えるかもしれません。また、ケルト音楽の影響を感じさせる楽曲や、Adeleよりロック寄りのサウンドより、むしろビョークあたりに近い雰囲気を感じる方もいるかもしれません。実際、ミュージックマガジン誌の2月号では、ビョークや、最近話題のLANA DEL REYと並び、「魔女系シンガー」として紹介されていました。

ストリングスやピアノなども取り入れたダイナミックなサウンドと、彼女のパワフルなボーカルは、少々仰々しさすら感じさせますが、それ以上に、どこか神秘的で、呪術的ともいえる不思議な雰囲気を醸し出しています。それこそ「魔女系」なんてカテゴライズされる大きな理由なのでしょう。

もっとも、イギリス系のロックバンドの人気が高い日本ですが、なぜか彼女たちの人気はいまひとつ。おそらく、他のイギリスのギターロックバンドみたいな、いかにもなロックンロールではなく、様式美的な部分もあるダイナミックなサウンドが、イギリスロック好きの壺から若干はずれるのでしょう。かくいう私も、これが「壺」かと言われれば少々微妙。ただ、その力強く説得力のあるフローレンス・ウェルチに強く惹かれたのは間違いありません。

Adeleも日本でついにブレイクしたみたいですし、続いては、彼女たちも日本でもブレイクするか?これから先、彼女みたいな感じのソウルフルな女性ボーカリストのブームが日本でも来るかも・・・って話は、Adeleが「19」で話題になったころにも書いたような記憶が・・・(^^;;

評価:★★★★★

|

« きっかけはツイッターでした。 | トップページ | 僅差ながらジャニーズ系の勝利 »

アルバムレビュー(洋楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本でもブレイクなるか?:

« きっかけはツイッターでした。 | トップページ | 僅差ながらジャニーズ系の勝利 »