« アルハンブラの思い出 | トップページ | ジャケット写真は怪しいが・・・。 »

2012年2月12日 (日)

圧巻の一言

Title:PHOENIX RISING LIVE in KYOTO
Musician:ROVO×SYSTEM 7

Liveinkyoto_2

昨年、10月29日に、京都の西部講堂で行われた、ROVOとSYSTEM 7のジョイントライブの模様を収めたライブアルバム。配信限定で販売されているアルバムです。

ROVOといえば、そのステージが大きな話題となって、高い人気を集めている人力トランスバンド。一方でSYSTEM 7といえば、日本でも、高い支持を得ている、イギリスのベテラン・トランスバンド。その両者が合体したユニット、ROVO×SYSTEM 7は、既にアルバム「PHOENIX RISING」をリリースしていますが、さらにこのユニットでのライブツアーを決行。その第一弾ライブとなる京都の西部講堂での模様が、配信限定で、アルバムリリースされました!

そのアルバム「PHOENIX RISING」は、ROVO×SYSTEM 7という名義でしたが、基本的に、収録されているのは、お互いの曲をお互いがカバーしあった楽曲と、それぞれのオリジナル曲のみ。そういう意味では、ROVOとSYSTEM 7が融合した作品、という感じではありませんでした。

しかし、このライブ盤では、まさにそのROVOとSYSTEM 7の融合が、実現しているアルバムになっていました。

「HINOTORI」は、序盤はSYSTEM 7の打ち込みがメインなのですが、中盤あたりから、ROVOのバンドサウンドが加わります。この中盤からの、SYSTEM 7が奏でる電子音と、ROVOの人力トランスの融合は鳥肌モノ!ダイナミックなROVOのバンドサウンドに、SYSTEM 7のスペーシーなサウンドが見事に重なり合い、広大な音の世界を繰り広げています。

そして、そのダイナミックなサウンドは、そのまま2曲目「ECLIPSE」になだれ込みます。複雑に入り組んだサウンドが、次々へと展開していくこの曲。均等なリズムを刻みながらも、一方ではパーカッションのファンキーなリズムが鳴り響き、さらには勝井祐二のバイオリンの音色が、不思議な音世界を作り出す・・・。特に中盤、ROVOのバンドサウンドが一度さっと引いた後、SYSTEM 7の奏でる優しい電子音の音色が流れ出すあたりなど、まさにゾクゾクっとしてしまいます。

どちらも20分以上に及ぶ楽曲なのですが、次から次へと新しい展開が繰り広げられるため、最後まで全く飽きることがありません。CDですら、そのサウンドに圧倒されるのだから、これをライブで聴いたら、さぞかしすごかったんだろうなぁ・・・。このアルバムを聴いて、心の底から、ライブに行きたかった!!!と後悔してしまいました。

個人的には、「PHOENIX RISING」よりも、こちらのライブ盤の方が間違いなくお勧め!もう、この圧巻の音世界、CDになってしまいますが、是非一度体験してみてください!!ROVO、久しぶりにライブに行きたいなぁ・・・。

評価:★★★★★

ROVO 過去の作品
NUOU
ROVO Selected 2001-2004
RAVO
PHOENIX RISING


ほかに聴いたアルバム

Piano Lesson/Spangle Call Lilli Line

彼女たちの代表曲を、ピアノアレンジでセルフカバーした、企画盤。ミニマルテイストも感じられるピアノの音が静かに流れる、シンプルなアレンジで、メロディーと歌詞をしっかりと聴かせるセルフカバーといった感じ。コンセプトはよかったし、シンプルなアレンジも良かったと思うのですが、全体的に、ちょっと地味な感じで、肝心なメロディーがいまひとつ印象に残らなかったような・・・。

評価:★★★

Spangle Call Lilli Line 過去の作品
VIEW
forest at the head of a river

New Season

|

« アルハンブラの思い出 | トップページ | ジャケット写真は怪しいが・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/44012331

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻の一言:

« アルハンブラの思い出 | トップページ | ジャケット写真は怪しいが・・・。 »