« ボーダーライン | トップページ | ボーカリストの腕が問われるカバー »

2012年2月 8日 (水)

低水準のチャート

今週のシングルチャート
http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

今週は、初登場は多いものの、大物の新譜がなかったために、かなり低水準のチャートに終わりました。

まず1位は、韓国の4ピースバンドCNBLUE「Where you are」が獲得しました。ビートロックテイストも強いものの、それなりに本格的なバンドサウンドといった感じ。ただ、相変わらずアイドルテイストが強く、やはりそちらの支持層からの人気といった感じなのでしょうか。ただし、初動売上6万枚は、前作「In My Head」の7万1千枚からダウン。1位はチャートの谷間の影響といった感じでしょうか?ちなみに、海外バンドのシングルでの1位獲得は、1971年のマッシュマッカーンの「霧の中の二人」以来、41年ぶりだとか。というか、そのマッシュマッカーンというバンドを全く知らない・・・。

2位は、女子中学生によるアイドルユニットClariS「ナイショの話」がランクイン。アニメ「偽物語」エンディングテーマ。比較的フツーのギターロックといった感じ。初動3万4千枚は、前作「nexus」の1万9千枚からアップです。

3位は、先週1位のSKE48「片思いFinally」が2ランクダウンながらもベスト3をキープしています。

4位以下の初登場ですが・・・

まず4位に、長渕剛「ひとつ」が入ってきました。ご存知昨年末の紅白歌合戦で彼が熱唱した曲が、ようやくシングル化されました。初動売上2万6千枚は、前作「TRY AGAIN for JAPAN」の1万枚からアップ。ただし、この曲はアルバム収録曲のリマスターシングルだったそうで、純然たる新曲としては、前々作「絆-KIZUNA-」の1万2千枚よりも大きくアップしています。ただ、この数字、紅白効果というには、ちょっと寂しいような気もします。

5位には、AKB48のメンバー岩佐美咲のソロデビュー曲「無人駅」がランクイン。この曲は、演歌で、アイドルのメンバーが演歌デビューということで話題となりました・・・が、このパターンって、おニャン子クラブから城之内早苗が演歌デビューしたのと全く同じパターンだよね。意外性が全くないなぁ。

6位は、ハロプロ系のアイドルスマイレージ「チョトマテクダサイ!」が入ってきています。初動売上1万9千枚は、前作「プリーズ ミニスカ ポストウーマン!」の3万4千枚から大きくダウン。前々作「タチアガール」の2万2千枚も下回る結果になってしまいました。

続く7位は女性ソロロックシンガーmiwa「片想い」。ただ、この曲は、ストリングスなども入れた、ロック色の薄いバラードナンバーになっています。初動売上1万5千枚は、前作「FRiDAY-MA-MAGiC」の1万4千枚から若干アップ。概ね、1万5千枚前後で、ファン層が固まってきた模様。

8位には、ヴィジュアル系バンドSuG「不完全Beautyfool Days」がランクイン。ヴィジュアル系としては癖の少ない、ストレートなポップスロック路線で、売れそうな感じとは毎回思っているのですが、なかなかブレイクといった感じにはならないですね。初動1万4千枚は、前作「Toy Soldier」の1万2千枚よりはアップ。ただ、前々作「☆ギミギミ☆」は1万8千枚を記録しているので、そこまでには及びませんでした。

最後、10位には、ドラムスの高橋久美子が脱退し、2人組となった女性ロックバンドチャットモンチー「満月に吠えろ」がランクインです。テレビ朝日系ドラマ「妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」主題歌。なんと、シングルとしては約3年ぶりとなります。初動売上は8千枚で、前作「Last Love Letter」の1万7千枚から大きくダウンしてしまいました。ドラマ主題歌ですが、深夜ドラマなだけに、タイアップ効果はほとんどなかった模様・・・。ちなみに、2月15日にはベスト盤の発売も予定されていますが、この曲は収録されていません。

今週のシングルチャートは以上。着うた&アルバムチャートは金曜日に~。

|

« ボーダーライン | トップページ | ボーカリストの腕が問われるカバー »

ヒットチャート2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低水準のチャート:

« ボーダーライン | トップページ | ボーカリストの腕が問われるカバー »