« 3作連続の1位 | トップページ | シングルチャートでの初動はいかに? »

2012年2月16日 (木)

次へ進むための一歩

Title:ENOUGH THUNDER
Musician:JAMES BLAKE

昨年、本国イギリスで大きな話題となり、ここ日本でも、アルバム「JAMES BLAKE」が高い評価を得たイギリスのシンガーソングライターJAMES BLAKEのニューEP。このサイトでも、私的ベストアルバム洋楽版で2位に入れるなど、ご他聞に漏れず、私もその音楽のトリコになってしまったのですが、続く新作が早くもリリースされました。

さて、今回のミニアルバム、注目なのは、3曲目「FALL CREEK BOYS CHOIR」が、なんとBON IVERと組んだ曲ということ。BON IVERといえば、これまた昨年、アルバム「BON IVER」が大きな話題となりました。昨年の年末の各種ベストアルバムでは、どんな雑誌でも、必ず「JAMES BLAKE」と「BON IVER」が取り上げられるという、ある種、2011年を代表する2人。その2人のタッグというのは、ビックリです。

ただし、この2人、ある意味、似たタイプのシンガーということもあり、この曲に関しては、「2人の才能が融合して」という感じにいかなかったのは残念(笑)。もちろん、悪い曲ではなかったのですが、数あるJAMES BLAKEの曲と変化はなかったなぁ。

しかし、それに続く「A CASE OF YOU」が素晴らしい!こちら、ジョニ・ミッチェルのカバーなのですが、静かなピアノと、彼のソウルフルなボーカルのバランスが素晴らしい傑作カバー。ついつい聴きほれてしまう傑作で、この曲を聴くだけでも要チェックでしょう。

ラストのタイトル曲「ENOUGH THUNDER」もピアノバラードなのですが、こちらもJAMES BLAKEのボーカルに聴きほれる、シングルでメロディアスなナンバー。ボーカリストとしての魅力も存分に味わうことが出来ます。

今回のアルバム、ダブステップなナンバーもあるものの、どちらかというと、彼のソウルフルなボーカルと、メロディー自体に主軸を置き、「JAMES BLAKE」のイメージを踏襲しつつも、それだけに囚われない作品になっていたように感じます。次にリリースされるであろうアルバムとの、橋渡し的な作品、と言えるのかもしれません。

ちなみに、このアルバムだけの国内盤は残念ながら発売されておらず、アルバム「JAMES BLAKE」と、このEPをセットにした「来日記念デラックス・エディション」なるアコギなものが発売されています。アルバム「JAMES BLAKE」が未聴の方は、こちらを買ってもいいのかも。

評価:★★★★★

JAMES BLAKE 過去の作品
JAMES BLAKE

|

« 3作連続の1位 | トップページ | シングルチャートでの初動はいかに? »

アルバムレビュー(洋楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/44087928

この記事へのトラックバック一覧です: 次へ進むための一歩:

« 3作連続の1位 | トップページ | シングルチャートでの初動はいかに? »