« 謹賀新年 | トップページ | 多彩なミュージシャンの曲たち »

2012年1月 2日 (月)

ぶっといソウルサウンドが心地よい

Title:GOT TO GET BACK!
Musician:THE BO-KEYS

正月2日、新年一発目のアルバムレビューはTHE BO-KEYSです!・・・・・・といっても、彼らが一発目なのは、特に意味はありません(^^;;

スタックス・レコーズというレコードレーベルがあります。アメリカはメンフィス本拠にしているレーベルで、特に60年代から70年代にかけて、数々のソウルミュージシャンたちを世に送り出した、サザン・ソウルの代表的なレコードレーベルです。

そのスタックス・レコーズのミュージシャンたちのバック・バンドをつとめたのがバーケイズ。その残党が、21世紀にふたたび立ち上げたバンドが、彼ら、THE BO-KEYSだそうです。

最近は、例えば昨年、R.Kellyが発売した「Love Letter」もそうでしたし、今年、CDが大ヒットしたADELEといい、昔ながらもソウルミュージックの影響を感じさせるような楽曲が多くリリースされています。ソウルミュージックに関しては、リバイバル的な方向性を感じさせます。

ただ、彼らに関しては、リバイバルではなく、ある意味、本家本元。図太いホーンの音色も心地よい「Hi Roller」や、「ガッタガッタ」のボーカルが、ある意味壺をつく「Got To Get Back(To My Baby)」などの序盤から、期待通りの王道路線。

もっとも、王道路線といっても、一方では、ブルージーなギターを聴かせる「I'm Going Home」をはじめ、全体的にロックやファンクの要素も強く、いい意味で、ロックリスナーにとっても聴きやすい作品になっていたと思います。

ただ、聴きやすく、素直に楽しめる一方で、意外性みたいなものにちょっと欠けたような気もします。ある意味、ストレートすぎる感じで・・・。とはいえ、そのファンキーなサウンドを素直に楽しめるアルバムだったと思います。聴いていて、とにかく心地よい1枚でした。

評価:★★★★


ほかに聴いたアルバム

GREATEST HITS-THE ULTIMATE COLLECTION/BON JOVI

BON JOVIの2枚組ベストアルバム。「Livin' On A Prayer」からして、アルバムを聴いていて、思わず声を張り上げて歌ってしまうそうな、ポピュラリティーに関しては、文字通り、即効性抜群。ただ、さすがに、ベタベタに盛り上げる楽曲の連続は、途中からだれてくるのですが・・・。

評価:★★★★

BON JOVI 過去の作品
Lost Highway
THE CIRCLE

|

« 謹賀新年 | トップページ | 多彩なミュージシャンの曲たち »

アルバムレビュー(洋楽)2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/43564644

この記事へのトラックバック一覧です: ぶっといソウルサウンドが心地よい:

« 謹賀新年 | トップページ | 多彩なミュージシャンの曲たち »