« 中毒性の高い親指ピアノのリズム | トップページ | 振りきれてしまっています。 »

2011年11月11日 (金)

俳優、KANを見てきました。

先日、三谷幸喜監督の映画「ステキな金縛り」を見てきました。

彼の映画は、毎回見ているのですが、当サイト的にやはり話題なのは、KANが出演しているという点!それも、犯人の疑いをかけられている夫の役という、結構メインな位置で!KANの雰囲気も役柄に妙にマッチしていました(笑)。映画は抱腹絶倒な内容で、すごく楽しめた映画でした。なにより深津絵里がかわいかった~(笑)。ただ・・・三谷幸喜の作品としては、お話に意外性や、伏線が巧くかみあって思わず見ていてうなってしまうような展開は少なく、その点ではちょっと物足りなさも・・・。

今週の着うたチャート

2011年11月2日~2011年11月8日付チャート

着うたの女王、1位獲得です。

たとえ どんなに・・・

今週の1位は、西野カナ「たとえ どんなに・・・」が獲得。11月9日にリリースされたシングルの先行配信です。ある意味、恒例ともいえる1位獲得。着うたの女王はまだまだ健在です。

2位はGReeeeN「恋文~ラブレター~」。こちらも泣き歌系のバラード。映画「アントキノイノチ」主題歌。映画も、いかにも「泣き」を狙ったような感じ。11月16日リリース予定のシングルの先行配信です。

3位はソナーポケット「365日のラブストーリー。」が、先週2位からワンランクダウンでこの位置につけました。

他に初登場は・・・9位に三代目 J Soul Brothers「リフレイン」がランクイン。こちらも11月9日にリリースされたシングルからの先行配信。切ない雰囲気のバラードとなっています。

他に、8位には、LA在住のR&Bシンガーシャネル「ベイビー・アイラブユー (English Ver.)」が先週の37位から一気にランクアップ。9月13日付チャート以来のベスト10返り咲きとなっています。10月30日放送NHK「MUSIC JAPAN」出演の影響でしょうか?


今週のアルバムチャート
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

アルバムチャートは、今週は新譜ラッシュです。

HOW CRAZY YOUR LOVE

まず今週1位は、人気女性ロックシンガーYUI「HOW CRAZY YOUR LOVE」がランクイン。前作「HOLIDAYS IN THE SUN」に続き、これでオリジナル4作連続の1位となりました。ただし、初動売上13万3千枚は、前作の18万4千枚からまたもやダウン。その前が28万5千枚だったので、減少傾向が続いています。

2位には、90年代に一世を風靡したビジュアル系ロックバンド黒夢の、再結成後初となるオリジナルアルバム「Headache and Dub Reel Inch」がランクインです。オリジナルとしては「CORKSCREW」から、なんと13年半ぶりとなるチャート。オリジナルでは3作連続2位という、ちょっとかわいそうな記録に。初動売上1万7千枚で、「CORKSCREW」の26万枚から大きくダウン・・・まあ、時代が全く違うので、これは仕方ないですね。13年という長いブランクがありながらも、2位ランクインというのは、根強い人気を感じます。

3位は、韓流女性アイドルグループ少女時代の韓国版アルバム「The Boys」が、先週から引き続き3位をキープです。

以下、初登場は・・・

4位には、こちらも韓国のアイドルグループ、SS501のメンバーで、「リーダー」と呼ばれているキム・ヒョンジュンの韓国版アルバム「Lucky」がランクイン。輸入盤先行の関係で、ベスト10圏外からのランクアップとなります。

5位には、童子-Tとのコラボ曲「もう一度… feat.BENI」のヒットなので知られる沖縄出身の女性シンガーBENI「Fortune」が入ってきました。前作「Jewel」は最高位11位だったので、「Lovebox」以来2作ぶりのベスト10入り。ただ、初動1万2千枚は、「Jewel」の初動1万4千枚よりダウンしています。

7位は、アメリカで、絶大なアイドル的人気を誇る男性シンガーJustin Bieber「Under the Mistletoe」がランクイン。最近は、隠し子騒動があったり、You Tubeの動画の再生回数が20億回を突破したりと、話題に事欠かない彼。アメリカのビルボードチャートでももちろん1位を獲得。日本でも、前作「My Worlds」はベスト3入りするヒットとなったのですが、本作は、それには及びませんでした。

8位には、今年で芸能活動休止を宣言した、元モーニング娘。の後藤真希のラストアルバム「愛言葉(VOICE)」が入ってきました。ベスト10入りは、昨年7月のミニアルバム「ONE」以来。ただ、初動売上7千枚は、ミニアルバムとしての前作「Gloria」から横バイ。完全に固定ファンだけで、「ラストアルバムだから」という理由で売上が伸びなかったのは、悲しいところ・・・。

そしてあと2枚は、いずれも「ニコニコ動画」から人気を得たミュージシャンによるアルバム。9位には蝶々P feat.初音ミク「Glorious World」、10位には、ろん「EXIT TUNES PRESENTS ろんBEST-ひっしに歌ってみた編-」がそれぞれランクインしています。

蝶々Pは、「ニコニコ動画」で人気の音楽プロデューサーで、タイトル通り、初音ミクを使用したアルバム。これがメジャーデビュー作となります。ろんは、こちらも「ニコニコ動画」にボーカル音源をアップし、人気を博した女性シンガー。こちらもこれがデビュー作となります。

今週の着うた&アルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に~。

|

« 中毒性の高い親指ピアノのリズム | トップページ | 振りきれてしまっています。 »

ヒットチャート2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳優、KANを見てきました。:

« 中毒性の高い親指ピアノのリズム | トップページ | 振りきれてしまっています。 »