« ボーカルに圧巻の一言 | トップページ | 当然の感情を否定すべきではないのでは? »

2011年9月 2日 (金)

シングルチャートに続き、2週連続の1位

今週の着うたチャート

2011年8月24日~2011年8月30日付チャート

今週は、話題のシングルが2週連続で1位獲得。

【多売特典生写真無し】フライングゲット(Type-A)(生写真1種ランダム封入)(通常盤)

今週、シングルチャートで1位を獲得したAKB48「フライング・ゲット」が先週に引き続き着うたチャートでも1位を獲得しました。

続く2位には、福山雅治「家族になろうよ」がランクイン。先週の38位からランクアップし、2週目にしてベスト3入りです。8月31日にリリースされたシングルからの先行配信で、ゼクシイのCMソング。タイトル通り、プロポーズをテーマとした楽曲です。

3位には、Every Little Thing「アイガアル」が入ってきました。8月24日にリリースしたシングル。フジテレビの月9ドラマ「全開ガール」主題歌という好タイアップにも関わらずシングルチャートでは17位と惨敗。もう、昔のように、ドラマ主題歌というだけでヒットする時代は終わってしまったんですね・・・。

以下、ベスト10圏内初登場は・・・

4位は、男性R&BシンガーKG「君じゃなきゃ duet with 安田奈央」がランクイン。いつも、女性ボーカルと組んで、着うたヒット狙いの曲をリリースしてくるシンガーです。8月31日発売シングルの先行配信。前作「同じ願いで duet with 真崎ゆか」は最高位26位だったので、大幅アップ。フジテレビ系「ウチくる!?」エンディング曲なのですが、タイアップの影響でしょうか?

6位には、浜崎あゆみ「Why... feat. JUNO」がランクインです。8月31日にリリースしたミニアルバム「FIVE」からの先行配信。元東方神起のジュンスの兄、JUNOとのコラボでも話題になっています。また、この曲をめぐっては、先日のa-nation出演の際、ひと悶着があった、と噂になり、ちょっとした話題になっています。

9位には、女性シンガーTiara「ありがとう。愛してた人 feat. Spontania」がランクイン。9月7日に発売予定のコラボレーション&ラブソング集 「LOVERS~Tiara Collaborations Album~」からの先行配信。前作「時をとめて feat. WISE」は最高位37位だったので、大幅アップとなりました。

他には復活組として、ソナーポケット「好きだよ。~100回の後悔~」が先週の27位から8位にランクアップ。7月26日付チャートで、1位となり、翌週、一気に13位にランクダウンして以来のベスト10返り咲きとなっています。


今週のアルバムチャート
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

アルバムチャート今週の1位は、YUKI「megaphonic」が見事1位を獲得しました。

megaphonic

これで、初登場1位は、ソロ3枚目の「joy」以来4作連続。すっかり「元ジュディマリの」という肩書きが不要になってきた感じです。ただ、初動売上7万6千枚は、前作「うれしくって抱きあうよ」の10万2千枚からダウン。前々作「Wave」は初動売上が22万枚を記録しているので、減少傾向が続いているのが気になります。

今週はベスト3の初登場は1枚のみ。2位はSMAP「SMAP AID」、3位は山下達郎「Ray of Hope」が、それぞれ先週からワンランクずつダウンしています。

3位以下では、初登場が4枚あるのですが、うち3枚が、いずれも韓流の男性アイドルグループ。5位はSUPER JUNIOR-M「太完美(Perfection)」、6位はZE:A「Watch Out!!~熱愛注意報~」、7位はU-KISS「Bran New KISS」と並んでいます。

SUPER JUNIOR-Mは、SUPER JUNIORの派生ユニット。初動売上は1万6千枚。SUPER JUNIORとしての前作「美人(BONAMANA)」が初動5万9千枚からはさすがにダウンです。

ZE:A、U-KISSはどちらもこれが初のベスト10入り。ZE:Aは初動売上1万5千枚で、前作「ZE:A!」の7千枚から、U-KISSは初動売上1万3千枚で、こちらも前作「First Kiss」の7千枚からアップしています。

初登場最後は、10位にMINMI「THE HEART SONG COLLECTION」がランクインです。心に響く「ハート」をテーマに、カバー曲やオリジナル曲を収録した「THE LOVE SONG COLLECTION」に続く企画盤。ただ、初動売上は9千枚と、「THE LOVE SONG COLLECTION」の3万2千枚から大きくダウン。オリジナルとしての前作「MOTHER」の3万2千枚からもダウンしてしまいました。

今週の着うた&アルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に~。

|

« ボーカルに圧巻の一言 | トップページ | 当然の感情を否定すべきではないのでは? »

ヒットチャート2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シングルチャートに続き、2週連続の1位:

« ボーカルに圧巻の一言 | トップページ | 当然の感情を否定すべきではないのでは? »