« 昔のCocco 今のCocco | トップページ | 偉大なバンド・・・その後。 »

2011年9月16日 (金)

なんだかんだいっても強い その2

今週の着うたチャート

2011年9月7日~2011年9月13日付チャート

先週と変わり、今週はベスト3のうち2曲が入れ替わりです。

Rising Sun EXILE / いつかきっと・・・ EXILE ATSUSHI(DVD付)

今週の1位は、EXILE ATSUSHI「いつかきっと・・・」。9月14日にリリースされたEXILEのシングル「Rising Sun」の両A面曲で、ピアノ1本で歌い上げるバラードです。EXILE ATSUSHIのソロデビュー曲。っていうか、なんで「ATSUSHI」じゃなくて、「EXILE ATSUSHI」なの?ATSUSHIじゃ知名度ないからっていう自信のなさのあらわれ??最初からそれじゃあ、これからが厳しいような・・・。

2位は、浜崎あゆみ「progress」。先週1位を獲得したアルバム「FIVE」に収録された曲で、先週の21位から一気にランクアップ。PS3ゲーム「テイルズ オブ エクシリア」テーマソングになっています。

3位は、AKB48「フライング・ゲット」が、1位から2ランクダウンして、この位置にランクインです。

以下、4位以下の初登場曲は・・・

4位には、人気のラップユニット、ケツメイシとFUNKY MONKEY BABYSが組んで話題となった配信限定シングルケツメイシ×FUNKY MONKEY BABYS「ライジングサン」がランクインです。しかし、この2組、似て非なると思っていたので、実はちょっと意外。東日本大震災復興応援チャリティソングで、収益は、全額復興支援の義捐金となるとか。ちなみに、偶然ながら、今週1位のEXILE ATSUSHIの曲のA面曲も「Rising Sun」。この厳しい状況の日本を鼓舞するのに、「ライジングサン」という言葉がピッタリ来るのでしょうか?ただ、日本がどうなっても自分の政党が議席を獲得すればいいと思っている政治家と、日本がどうなっても自分の企業が利益さえあげれればいいと思っている大企業から成り立つ今の日本では、「日の出」はまだまだ先になりそうですが(苦笑)。

6位は、今週のシングルチャートで4位にランクインしたロックバンドflumpool「証」が、7位には、中島美嘉「LOVE IS ECSTASY」がそれぞれランクインです。7位中島美嘉は9月14日発売シングルからの先行配信。映画「アンフェア the answer」主題歌に起用されています。アップテンポなロックチューンで、CD屋で流れてきた時、一瞬、木村カエラの曲かと思いました(^^;;

最後。10位にはNO DOUBT FLASH「BABY&BABY」がランクイン。LGYankeesのリーダーHIROによる新ユニットで、9月14日に発売されたアルバム「GOLD MEMBER」からの先行配信。高音の女性ボーカルによるメロウなバラード+ラップという、典型的な着うたヒット狙いの曲・・・って、このスタイル、そろそろ飽きられてもいいと思うんですが。


今週のアルバムチャート
http://www.oricon.co.jp/rank/ja/

今週の1位は、2週連続

FIVE(DVD付)

アルバムチャート1位は、浜崎あゆみのミニアルバム「FIVE」が先週に続き、1位を獲得しています。着うたチャートでも2位に入ってきましたし、一時期より勢いはかなり衰えましたが、なんだかんだいっても強いですね・・・。

初登場最高位は、2位KREVA「GO」。ベスト3入りは、「愛・自分博」(今となっては、ある種の懐かしさを感じるタイトルだなぁ・・・)の1位以来。ただ、初動売上は、4位だった前作「心臓」の4万6千枚を大きく下回る2万8千枚に留まりました。

3位は、先週2位だったアメリカの人気ミクスチャーロックバンドRED HOT CHILIPEPPERS「I'M WITH YOU」がワンランクダウンでベスト3をキープしています。

4位以下の初登場は・・・

4位には、名前通り、九州出身のソロレゲエシンガー、九州男のベストアルバム「こいがBESTですばい」がランクイン。実は、昨年12月にベストアルバム「BEST TRACKS」をリリースしているのですが、これは、以前所属していたレコード会社が無断でリリースしたベスト盤らしく、本人もブログでファンに買わないように呼びかけたとか。「BEST TRACKS」は41位に終わったのですが、こちらは4位にランクイン。初動1万5千枚は、6月にリリースしたミニアルバム「97%」の初動1万1千枚からアップしています。とはいえ、ベスト盤としては、ちょっと寂しい伸び幅なのですが。

6位には、元SUPER BUTTER DOG(という肩書きは、もう不要でしょうか?)の永積タカシのソロユニット、ハナレグミ「オアシス」がランクインです。前作「あいのわ」に続く、2作目のベスト10入り。ただ、初動売上1万3千枚は、前作の1万7千枚から若干ダウンしてしまいました。

8位初登場は、日本でも根強い人気を誇るアメリカのプログレッシヴ・メタル・バンドDREAM THEATER「A Dramatic Turn of Events」がランクイン。ちなみに、偶然ながらも、前作「Black Clouds & Silver Linings」は、ハナレグミの前作「あいのわ」と同じ週にアルバムチャートにランクインしています。初動売上1万2千枚は、前作の1万5千枚から、こちらも若干のダウンです。

そして9位には、先日、残念ながら解散を発表した、ロックバンド毛皮のマリーズの、タイトルそのものズバリ「THE END」がランクインです。初のベスト10ヒットとなった前作「ティン・パン・アレイ」が初動1万枚だったのに対して、本作は初動1万1千枚と若干のアップ。まだ人気が上昇傾向だったのに・・・このタイミングでの解散は残念だと思う一方、(以前も書いたのですが)事実上、前作がボーカル志磨遼平のソロアルバムだっただけに、既にバンドとしての意義を失っていて、解散は必然だったのかも・・・。

最後、10位には「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 02」がランクイン。TBS系アニメ「アイドルマスター」に使用されている曲を集めたオムニバス盤です。

今週の着うた&アルバムチャートは以上。チャート評は、また来週の水曜日に~。

|

« 昔のCocco 今のCocco | トップページ | 偉大なバンド・・・その後。 »

ヒットチャート2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんだかんだいっても強い その2:

« 昔のCocco 今のCocco | トップページ | 偉大なバンド・・・その後。 »