« アフロビートも取り入れた傑作 | トップページ | 圧倒的な音量は減少気味 »

2011年8月14日 (日)

圧倒される勢い

Title:Mind Travel
Musician:Superfly

Mind Travel

ここでも何度か同じようなことを書いているのですが、ミュージシャンには時として、曲自体の出来不出来以上に、勢いがあり、脂にのっているなぁ、と感じるアルバムがあります。そういう作品って、ファンでなくても、リスナーを圧倒する力があって、多少のマイナス点があっても、それを感じさせない傑作になっていたりします。

Superflyの最新アルバム「Mind Travel」は、まさにそんな脂にのりまくっている傑作でした。

Superflyに関して、以前から気になっていたのが2点。ひとつは本格的なロックを志向しながらも、歌謡曲の色が濃い中途半端さ。もうひとつは、ボーカリストとして、声をはりあげるだけで、単調に感じる部分でした。

このアルバムに関して、ロック志向ながら、歌謡曲的なベタなメロディーというのは、色濃く残っていたように感じます。まあ、もっとも、それがひとつのSuperflyの売りであり、彼女が大きくブレイクした要因なのでしょうが・・・。

ただ、とにかく楽曲の勢いが、そんな弱点を吹き飛ばすようにパワフル。特に序盤、「Rollin' Day」から「タマシイレボリューション」への流れは、「ゴタゴタうるさいこと言っているんじゃねーよ!」と叱られるような、パワーを感じさせます。

そして、このアルバムを傑作に押し上げたポイントが、いままでSuperflyの弱点に感じられた、単調だった越智志帆のボーカルが、成長を遂げた点だと思います。カバーアルバム「Complete Best 'TRACK3'」でも感じたのですが、デビュー当初と比べて、表現力がグッと増したように感じます。もともと、声量とリズム感には十分な才能が感じられただけに、表現力が加わった以上、そんな彼女が歌う曲が、傑作でない訳がありません。

また、デビュー当初感じられた懐古趣味も薄れて、Superflyとしての個性もしっかり確立してきているのも大きいのではないでしょうか?

ある種、一瞬の輝きみたいなアルバムにも感じられるため、これから、この勢いをどう持続させるかが大きなポイントとは思うのですが・・・。このアルバムが傑作なのには間違いありません。ロックリスナーからJ-POPリスナーまで幅広い層が楽しめる作品です。

評価:★★★★★

Superfly 過去の作品
Superfly
Box Emotions
Wildflower&Cover Songs:Complete Best 'TRACK3'


ほかに聴いたアルバム

RAP BLEND/らっぷびと

RAP BLEND

初期ビースティーズを彷彿とさせるような作品から、ハードコア風な作品、ハードロックテイストな作品や、今、はやりのメロウなメロ+ラップという、GReeeeNのような曲まで、幅広い作風で最後まで飽きさせません。ファミコンを歌った曲やら、彼と同じくニコニコ動画で人気を集めた、同人音楽のミュージシャンが参加していたり、おたくカルチャーも取り込みつつ、幅広いリスナー層へ向けた作品・・・というのはいままでと同じ。ただ、それなりに楽しめるんですが、ひとつ突き抜けたものがないのが、いまひとつブレイクしきれない理由なのかなぁ?

評価:★★★★

らっぷびと 過去の作品
RAP MUSIC
RAP GIFT EP

|

« アフロビートも取り入れた傑作 | トップページ | 圧倒的な音量は減少気味 »

アルバムレビュー(邦楽)2011年」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!長年ROMってます^^

ごめんなさい、すっごく細かい揚げ足取りで申し訳ないですが…

6段落目、
「傑作な訳がありません」

というのは、

「傑作でない訳がありません」

の間違えでしょうか…?

投稿: verenice | 2011年8月14日 (日) 23時30分

>vereniceさん
はじめまして!どうも書き込みありがとうございます~。
>「傑作でない訳がありません」
ご指摘の通りです(^^;;すいません、どうもありがとうございました。意味、全く逆になっちゃいますね・・・(笑)。
また、是非遊びに来てくださいね!これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: ゆういち | 2011年8月16日 (火) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/41161502

この記事へのトラックバック一覧です: 圧倒される勢い:

« アフロビートも取り入れた傑作 | トップページ | 圧倒的な音量は減少気味 »