« 女王の貫禄も | トップページ | アメリカでも大ブレイク! »

2011年6月20日 (月)

「正しい」?

Title:正しい相対性理論
Musician:相対性理論

正しい相対性理論

正直なところ、純粋なオリジナルアルバムではなく、基本的にリミックスアルバムである本作を

正しい相対性理論」

というタイトルをつけてしまうあたりが、彼女たちのひねくれた部分というか、ユーモラスな部分だと思うのですが、

個人的には、ここらへんのとことん醒めたような雰囲気が、いまひとつ彼女たちの曲が「いいな」と思っても、はまりきれない理由な気がしてならないというか・・・。

ただ、彼女たちの楽曲って、全体的に記号的で、「物語」の部分を聴き手の解釈に投げている部分があると思っています。そんな中で、楽曲全体を、完全に第3者に投げたこのアルバムって、ある意味、実に相対性理論らしいというか・・・確かに、そう考えると、「正しい相対性理論」というタイトルは、納得がいく感じもします。

今回のリミックスに参加しているのは、坂本龍一に鈴木慶一、小山田圭吾に菊地成孔など、方向性的には近い感じのミュージシャンが参加しているのですが、とにかく豪華。全体的には、音数を少ない、今風のポストロックテイストのリミックスが多く、1曲1曲凝ったアレンジの音の世界が楽しめます。

静かで不調和音的なピアノの音をかぶせた坂本龍一のリミックスは、ある意味、らしいなぁ、と感じたのですが、各々のミュージシャン、今、自らが興味のある音をつかって、相対性理論の曲を自由に調理しているように感じました。そういう意味では、とても興味深いリミックスではあるのですが・・・やはり全体としてはインパクトも薄く、どうにも感じる醒めた感じの雰囲気には、いまひとつはまりきれず・・・。

評価:★★★★

相対性理論 過去の作品
ハイファイ新書
シンクロニシティーン


ほかに聴いたアルバム

MESSENGER/SEAMO

messenger

正直、ゲーム「モンスターハンター」とコラボした「Stronger」は、ゲームとのコラボが露骨すぎて、ちょっと「?」と思ったのですが、前半の流れに関しては、SEAMOらしさが発揮して実に魅力的。エロ歌詞満載の「GGDM」は、やはりこう来なくっちゃ!なんて思っちゃいました(笑)。ただ、後半は、いかにも売れ線狙いの曲もあったりして、スケールダウンなのが残念・・・。ポップでメロウなメロディーラインは、彼らしいと思うのですが・・・。

評価:★★★★

SEAMO 過去の作品
Round About
Stock Delivery
SCRAP&BUILD
Best of SEAMO
5WOMEN

“Your Songs”with strings at Yokohama Arena/レミオロメン

“Your Songs”with strings  at Yokohama Arena

彼らにとって特別の日である3月9日に行われた、ストリングスを導入しての横浜アリーナでの特別ライブ公演の模様をそのまま収録したライブ盤。ストリングスを導入してスケール感を出そうとする手法は、どうにも彼らの曲に合ってない感じがして、このライブ盤もストリングスを入れていない曲の方がよかった気がするなぁ。

評価:★★★

レミオロメン 過去の作品
風のクロマ
レミオベスト
花鳥風月

|

« 女王の貫禄も | トップページ | アメリカでも大ブレイク! »

アルバムレビュー(邦楽)2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/40367025

この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい」?:

« 女王の貫禄も | トップページ | アメリカでも大ブレイク! »