« ファンキーな仲間たちと | トップページ | アイドル系がベスト3占拠 »

2011年6月14日 (火)

素直な大人のカバー

Title:大人のまじめなカバーシリーズ
Musician:安藤裕子

大人のまじめなカバーシリーズ

ちょっとビックリしました。「安藤裕子、妊娠」のニュース。Yahoo!のトップページにまで載っていて・・・既婚だったんですね、彼女・・・(^^;;

彼女が影響を受けたという、70年代80年代のポップスを中心としたカバー。彼女とほぼ同年代の私からすると、リアルタイム?というには、ちょっと昔すぎる感じもするのですが、ジャケット写真に写っている時期に、家で両親が聴いていた音楽、ということなんでしょうか?

彼女の原点ということで、やはり愛着があるのでしょうか、どの曲も、基本的には、原曲のイメージそのまま。素直なカバーになっていました。新しい発見・・・というよりも、彼女自身が、本当に楽しそうに歌っている感じが曲にあらわれていて印象的。比較的、80年代のヒット歌謡曲が多いのも、変にスノッブ的にセレクトしている訳ではなく、素直に好きな曲を選んだからなんでしょうか。

そんな中、やはり印象に残るのが、池田貴史とデゥオで歌った「林檎殺人事件」。フニフニダンスがやたら楽しそう。ちなみに、PVでは、本家樹木希林も参加して、大きな話題を呼びました。

他には、哀愁たっぷりに歌う「Woman~Wの悲劇より~」も、彼女のボーカルの色っぽさが感じられて、ちょっとゾクゾクしましたし、ストリングスを入れて、よりポップにまとめた「ワールズエンド・スーパーノヴァ」も、くるりファンも必聴。「ぼくらが旅に出る理由」も、より軽快に爽やかにまとめあげられていて、気持ちいいカバーに仕上がっていました。

歌っている楽しさが伝わってくるような素直なカバーアルバム。タイトルに「シリーズ」と付いているところからすると、第2弾もリリースされるのかな?次回作も(発売されるとしたら)とても楽しみです!!でも、その前に、元気な赤ちゃんを産んでください。

評価:★★★★★

安藤裕子 過去の作品
クロニクル
THE BEST '03~'09
JAPANESE POP


ほかに聴いたアルバム

どーも/小田和正

どーも

もう、御歳63歳なんですよね~。しかし、ボーカルからは、全く歳を感じさせません・・・(^^;;ある意味、楽曲はマンネリといえばマンネリなんだけども、全然飽きを感じさせないのは、その卓越したメロディーセンスと、その誰が聴いても感涙モノのボーカルがあるから、なんでしょうか。

評価:★★★★

小田和正 過去の作品
自己ベスト2

リアルタイム・シンガーソングライター/高橋優

リアルタイム・シンガーソングライター

このアルバム、メディアを中心にかなりプッシュされていて、チャートでもいきなりベスト10入り。ちょっとビックリしました。で、アルバムを聴いてみたわけですが、楽曲の方は・・・決して悪いわけではありません。ただ、正直、今の日本のSSWの中でずば抜けているか、と言われると・・・。先行シングルにもなった「福笑い」の歌詞はインパクトがあったものの、それ以外には、あまり印象に残る歌詞もなく・・・。メロディーは悪くなかっただけに、次回作以降に期待、といった感じでしょうか?

評価:★★★

|

« ファンキーな仲間たちと | トップページ | アイドル系がベスト3占拠 »

アルバムレビュー(邦楽)2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/40291832

この記事へのトラックバック一覧です: 素直な大人のカバー:

« ファンキーな仲間たちと | トップページ | アイドル系がベスト3占拠 »