« 安定感ある新作 | トップページ | もっと若ければ、もっと共感できたかも。 »

2011年5月 4日 (水)

韓国勢が1位2位

今週のシングルチャート
http://www.oricon.co.jp/rank/js/w/

今週のヒットチャートは、1位2位に韓国勢が並びました。

Jang Keun Suk チャングンソク / Let me cry 【通常盤】 【CD Maxi】

1位は、韓国の人気俳優チャン・グンソク「Let me cry」がランクイン。これが日本でのデビューシングルとなるこの曲は、ハードなロック風のナンバー。海外ミュージシャンのデビュー作で初登場1位は、オリコン史上初だそうです。ただ・・・彼の名前は、全くの初耳だったのですが・・・。

2位は、同じく韓国の女性アイドルグループ少女時代「MR.TAXI」。こちらも初動売上10万枚は、前作の6万6千枚を上回りましたが、1位獲得はなりませんでした。こちらは、いかにも今風のエレクトロなダンスチューンです。

で、ようやく3位に日本勢。コブクロ「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」。映画「岳-ガク-」主題歌。タイトルもかなり仰々しいのですが、楽曲もかなりのスケール感を感じさせる作品に仕上がっています。ただ、初動売上は、前作の5万9千枚からダウンの4万8千枚。一時期の勢いにくらべると、ちょっとブレーキがかかってしまった感じが。

コブクロが太陽なら、5位BREAKERZ「月夜の悪戯の魔法」だそうです。DAIGO率いる3人組バンドの新作。日テレ系アニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマというタイアップの良さからか、初動売上1万9千枚は、前作の1万8千枚から若干のアップ。ちょっと妖艶な感じの曲は、子供向けアニメのテーマ曲としては、ちょっとどうなんだろう?とも思うのですが・・・。

6位はハロプロ系アイドルグループのスマイレージ「恋にBooing ブー!」がランクイン。初動売上1万9千枚は前作からほぼ横バイです。

7位にはUNICORN「デジタルスープ」が入ってきました。タイトルとは異なり、骨太なミディアムテンポのギターロックナンバー。「ぶたぶた」との両A面シングルで、前のスマイレージとおなじブタつながり・・・(^^;;こちらも彼ららしいユーモラスな楽曲になっています。初動売上1万7千枚は、前作2万3千枚からダウン。5月25日には待望のニューアルバム「Z」の発売も予定されています。

8位は中島美嘉「Dear」が初登場でランクイン。映画「八日目の蝉」主題歌で、先週の着うたチャートでは2位にランクインしています。彼女らしいしっとりと聴かせるナンバーなのですが、初動売上は1万5千枚で、初動1万7千枚だった前作よりダウンしてしまっています。

初登場最後。10位に本間芽衣子(茅野愛衣),安城鳴子(戸松遥),鶴見知利子(早見沙織)名義で「secret base ~君がくれたもの~」がランクイン。フジテレビ系アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のエンディングテーマで、タイトルからわかるように、2001年にガールズバンドZONEがヒットさせた曲のカバーです。

今週のシングルチャートは以上。着うたチャートは今週はお休みなので、アルバムチャートのみ、金曜日に更新予定です。

|

« 安定感ある新作 | トップページ | もっと若ければ、もっと共感できたかも。 »

ヒットチャート2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/39852217

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国勢が1位2位:

« 安定感ある新作 | トップページ | もっと若ければ、もっと共感できたかも。 »