« あの大物アイドルの新作が・・・。 | トップページ | むしろ「スペシャルCD」が本編? »

2011年5月14日 (土)

話題の新人バンド2組

今回紹介するのは、最近話題の新人バンド2組です。

Title:We are the fuck'n World
Musician:The Mirraz

We Are The Fuck’n World

「新人」といっても、アルバムはもう5枚目なのですが・・・。以前のアルバムの雑誌の紹介で、判で押したように「Arctic Monkeysのパクリという声もあるけれど、だけれども・・・」みたいな書き方をしていたのがすごく嫌に感じました。つーか、最初からパクリ前提って、それなに?

ただ、今回のアルバムに関しては、Arctic Monkeysからは、「影響」という程度で、パクリという感じはしませんでした。ロックというよりも、ポップス色が強く、エッジの効いたバンドサウンドもなかなかカッコよかったのですが、サウンドよりもメロと歌詞重視という印象を受けました。

そのうち、特に印象的だったのが歌詞。「スタバ」やら「ガスト」やら、おなじみの飲食店が固有名詞で出てくる「We are the fuck'n World」や、ゲームの名前が固有名詞で出てくる「ソシタラ~人気名前ランキング2009、愛という名前は64位です~」など、インパクトあるフレーズを、メロディーにあわせて上手く組み込んできます。ここらへんは、バンドとして、かなりのプラス要素かも。

ただ、一方で、そんな歌詞も含めて、ちょっと理屈っぽいかなぁ?自虐的に自分をフランケンと例える歌詞のタイトルが「正式にはフランケンというのは博士の名前である」というのは、ちょっとトリビアテイストでユーモラスといえばユーモラスだけど、ちょっと理屈っぽい気も。それ以外も、いかにも狙ったような歌詞が、直感よりも計算高さみたいな部分を感じる部分もありました。

プラス面マイナス面含めて、いろいろな意味でひっかかりのあるバンドで、そういう意味では、今後、もっと注目度は高まりそうな感じが。このアルバムも、売上面でもそこそこの成績を記録しており、人気も高まりそう。次回作も、要注目といったところでしょうか。

評価:★★★★

で、もう1組は。

Title:door
Musician:androp

door/androp

基本的にライブ以外での露出はなし。情報も極端に限られて、表に出てくる情報は、楽曲とバンドのロゴのみ、ということで、逆に話題になっているギターロックバンドです。

ただ、それだけに、「どんな音を出すバンドなんだろう」と期待して聴いたのですが・・・うーん、音的には、普通のギターロックバンドといった感じ(^^;;むしろポップなメロディーラインと、はっきりとしたボーカルで、逆に人なつっこさを感じることすら。

テンポのよいリズムや、メロディーラインは魅力的で、その実力は感じられます。それだけに、謎のバンドを貫くというのは、最初は話題性があっていいかもしれませんが、長い目で見ると、固定ファンがつきにくく、不利な気がするけどなぁ。特に、際立って特別なタイプの音を出しているわけではない彼らの場合には・・・。

評価:★★★★

|

« あの大物アイドルの新作が・・・。 | トップページ | むしろ「スペシャルCD」が本編? »

アルバムレビュー(邦楽)2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/39953177

この記事へのトラックバック一覧です: 話題の新人バンド2組:

« あの大物アイドルの新作が・・・。 | トップページ | むしろ「スペシャルCD」が本編? »