« シンプル・イズ・ベスト | トップページ | 動き出したチャート? »

2011年1月18日 (火)

いかにもアメリカのロックらしい

Title:COME AROUND SUNDOWN
Musician:KINGS OF LEON

カム・アラウンド・サンダウン

「王道」。KINGS OF LEONの紹介文では、よくこの2文字を見受けられます。確かに、KINGS OF LEONの音楽は、いかにもアメリカのロックといった感じ。海岸線に、夕陽を思わせる赤みがかったジャケット写真も、いかにもアメリカ的ですし、彼らの風貌自体も、ごっつい雰囲気の男性4人といかにもといった感じ。

楽曲も、いかにもスケール感があって泥臭さを感じる「THE END」からはじまり、カラッとしたカントリーの影響を感じる「BACK DOWN SOUTH」など、いかにもアメリカ的といった感じがします。

ただ、この手の「いかにも」なアメリカンロックって、日本だと、なかなか売れないんですよね。典型例としては、アメリカでは爆発的な人気を確保しているのに、日本ではほとんど無名のロックバンドCREEDあたりでしょうか?実際、彼らもグラミー賞を獲得するなど、話題になってから、ようやく日本でも注目されはじめた、といった感じで。

まあ、確かに、この手の泥臭さや大陸的なスケール感を感じるアメリカンロックって、日本人の肌にはあわない部分もあるのはわかるのですが。実際、私自身、このアルバムが壺にはまったか、といわれれば、少々微妙なのも正直なところ。

しかし、それでもこのアルバム、最後まで、飽きることなく楽しんで聴くことが出来ました。それはおそらく純粋にメロディーラインの良さもあるんでしょう。ストレートでポップなメロディーラインは、派手さはないし、いわゆる「美メロ」でもありませんが、飽きることがありません。

また、「王道」とはいっても、決して昔からのロックをそのまま演っているような、様式的なバンドではありません。「BEACH SIDE」あたりなど、王道ロックというよりも、ちょっとギタポ風?な要素も感じましたし、「NO MONEY」などはオルタナ系の雰囲気も。王道とはいっても、どの曲も、決して昔のままの音ではなく、「今」のロックの要素が入っているように感じました。

はまれるかどうかは人それぞれかもしれませんが、大多数の人は、最後まで楽しんで聴ける、そんなアルバムのように感じました。「安心して聴ける」というのは、ロックにとっては必ずしも褒め言葉ではないかもしれませんが・・・ただ、どこかほっとするものを感じさせる1枚でした。

評価:★★★★

|

« シンプル・イズ・ベスト | トップページ | 動き出したチャート? »

アルバムレビュー(洋楽)2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/38456316

この記事へのトラックバック一覧です: いかにもアメリカのロックらしい:

« シンプル・イズ・ベスト | トップページ | 動き出したチャート? »