« チャート1位を獲得した新作 | トップページ | ジャニーズ系 vs AKB系? »

2010年11月23日 (火)

どす黒いグルーヴがたまらない

Title:WAKE UP!
Musician:John Legend&The Roots

ウェイク・アップ!

アメリカのソウルシンガーJOHN LEGENDの新作は、おなじくアメリカのHIP HOPグループThe Rootsと組んでのカバーアルバム。これが、めちゃくちゃカッコいい!!個人的に、本年度のベストアルバム候補です!

今回、カバーしているのはほとんどが70年代のソウルシーンの名曲たち。ただし、ヒット曲、有名曲はほとんどありません。いわば「レア・グルーヴ」と呼ばれそうな曲たち。そして、その曲たちを選んだ基準のひとつが、現在のHIP HOPなどのサンプリングによく取り上げられているという点。単純な懐古趣味ではなく、今の視点から選ばれている、という点が、このカバーアルバム選曲の大きなポイントでしょう。

そして、今回のカバー、なによりもカッコよかった点が、そのソウルフルなボーカルと、どす黒いグルーヴィーなバンドサウンドでした。ここ最近のR&Bシーンの流れとしては、メロウでアーバンな雰囲気のメロディーと、エレクトロを取り入れたサウンド。しかし、そんな今の流れに全く逆らうような、70年代のソウルミュージックのような、パワフルで、ファンキーなサウンドを聴かせてくれます。

「Compare to What」は、実にファンキーなギターに、力強いJohn Legendのボーカルがとても魅力的。「One Generation」の重低音ながらもうねるようなベースとドラムスのリズムがたまりません。また、「Little Ghetto Boy」で聴かせるもの悲しいピアノや「I Wish I Knew How It Would Feel」のゴスペル調のサウンドもとても魅力的。レゲエのリズムを取り入れた「Humanity」や、フィリーソウル風の「Hang On In There」など、実にバリエーションの富んだ作風が楽しめます。

ただ一方で、「Hard Times」など、ところどころでHIP HOPを取り入れるなど、こちらもあくまでも現在の視点からのカバーになっているのが魅力的。懐古趣味にならず、現在でも新しさを感じさせてくれます。

一方、もうひとつの選曲のポイントになっているのが歌詞。今回の歌詞は、どれも社会派の歌詞になっています。現状に対する彼らの大きな主張がうかがえる内容と言えるでしょう。

「Compred To What」の痛快な社会批判をはじめ、ゲットーの日常をリアルな描写で描いた「Little Ghetto Boy」なども印象に残りますが、やはり一番印象的だったのが「I Can't Write Left Handed」。戦争で肩を撃ち抜かれた兵士が、弟に戦争の現実をしたためた手紙を書いている内容。曲の最初に、John Legendが、曲の内容についての説明をしている点でも、彼らの強い主張を感じます。

そして、なにより悲しいのが、これらの曲が、70年代あたりに書かれた曲であるにも関わらず、そのメッセージが、今なお有効であること・・・。そして、それ以上に、今こそ歌わなくてはいけない内容であること。主にアメリカの現実を歌った内容ながらも、国境を越えて、私たちにも有効なメッセージとして伝わってきます。

いろいろな面において、実にすばらしいカバーアルバム。ただ、昔の曲を懐古趣味的に歌って「いい曲は時代を超えますね」なんてのんきに語るようなアルバムではなく、しっかりと今という時代を見据えた上のカバーにあっており、そして選曲からも本人たちの主張がしっかりと伝わってきます。ある意味、理想的なカバーアルバムだったと思います。

国内盤には、邦訳はもちろん、それぞれの曲についての解説や、John Legendや、The RootsのQuest Loveのコメントもついているので、それぞれの曲についての、より深い理解も広がるので、断然お勧めです。

最後に、唯一のオリジナル「Shine」も収録。希望を感じる歌詞の内容は、このアルバムのラストを飾るのにふわさしいですし、スティーヴィー・ワンダーの影響を感じられるピアノバラードが実に魅力的なナンバー。他のカバー曲に勝るとも劣らない名曲に仕上がっていました。

冒頭に書いた通り、今年を代表する傑作アルバムだったと思います。ブラックミュージック好きはもちろん、それ以外の方も是非聴いて欲しい傑作アルバムです!!

評価:★★★★★

|

« チャート1位を獲得した新作 | トップページ | ジャニーズ系 vs AKB系? »

アルバムレビュー(洋楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/37772476

この記事へのトラックバック一覧です: どす黒いグルーヴがたまらない:

« チャート1位を獲得した新作 | トップページ | ジャニーズ系 vs AKB系? »