« 初の京都音博! その2 | トップページ | あまりにも残念・・・。 »

2010年9月26日 (日)

オフィス・オーガスタの底力

Title:福耳 THE BEST ACOUSTIC WORKS
Musician:福耳

福耳 THE BEST ACOUSTIC WORKS

ミュージシャン名が「福耳」とついていますが、実質的には、オフィス・オーガスタのメンバーの楽曲にアコースティックアレンジをほどこして収録したオムニバスアルバム。山崎まさよし、スガシカオをはじめ、数々のミュージシャンが参加しています。

どの曲も、アコースティックなサウンドをベースとしながらも、いろいろな顔を持った曲が並んでいるのがとてもユニークでした。冒頭の山崎まさよし「intro」は、いつも以上にファキーな楽曲。激しく弾かれるギターの音色がとても印象に残ります。mi-gu「Choose the light 2010」も、このアルバムの中ではちょっと雰囲気の変わった曲ですが、様々なアコースティックな曲を取り入れたユニークかつ実験的な曲。ついつい聴きこんでしまいます。

スキマスイッチ「奏」や、長澤知之「明日のラストナイト」などの、男性ポップスシンガー勢の聴かせるバラードナンバーも素晴らしいし、秦基博元ちとせ「なごり雪」のカバーも絶品。そして、やはり絶品なのが、岡本定義「渚にて」。残念ながら新曲でも新録でもないのですが、ボッサテイストのアレンジに、絶妙に聴かせるメロディーラインが実に見事。その実力を如何なく聴かせてくれます。

絶品のポップソング揃いの、素晴らしいベスト盤でした。特に、名前は知っているけど、アルバムまで聴いたことない・・・というミュージシャンに出会うには、最適なアルバムだったと思います。アコースティックという括りでも、様々な音が楽しめるんだなぁ、という当たり前のことにあらためて気がついたアルバムでした。

評価:★★★★★

福耳 過去の作品
10th Anniversary Songs~tribute to COIL


ほかに聴いたアルバム

ばかのうた/星野源

ばかのうた

アコースティックなメロディーと、日常の周りを描いたような歌詞がとても暖かい作品。ただ、単純に「暖かいアルバム」ではなく、アレンジにもひねりがあり、歌詞もどこかシニカルな部分が顔をのぞかせるのがユニークで、聴いていて癖になります。パッと聴いた感じの地味さは否めないものの、ついつい聴き込んでしまう作品でした。

評価:★★★★★

逆様ブリッジ/スネオヘアー

逆様ブリッジ(通常盤)

最近、ともさかりえとの交際が話題となり、お茶の間にその名前が流れたスネオヘアーによるミニアルバム。相変わらず、よく出来たメロディーラインを聴かせるギターロックが印象的なのですが、いまひとつ華にかけ、歌詞ももうひとひねりがあれば・・・と思ってしまうのが残念なところ。良くも悪くも、いままでのスネオヘアーらしいアルバムでした。十分、ブレイクするだけのメロディーは書いているとは思うのですが・・・。

評価:★★★★

スネオヘアー 過去の作品
バースデー
ベスト

|

« 初の京都音博! その2 | トップページ | あまりにも残念・・・。 »

アルバムレビュー(邦楽)2010年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/505136/36877635

この記事へのトラックバック一覧です: オフィス・オーガスタの底力:

« 初の京都音博! その2 | トップページ | あまりにも残念・・・。 »